趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • Twitter用Pythonライブラリのtweepyを試してみました

    投稿日 2012年 9月 14日 コメントはありません

    Raspberry Piからツイートする方法を調べるため、Pythonライブラリのtweepyを試してみます。

    1.Twitterのアカウントの準備とアプリケーション登録

    アカウントの登録については、省略。準備したアカウントに対してこちらのサイトを参考にして、アプリケーション登録をしました。他にも参考になるサイトはたくさんあるようです。
    登録後、自分の登録アプリケーション一覧は https://dev.twitter.com/apps/ で確認、変更する。
    この中で、登録アプリケーションを開いて、「Setting」の中のApplication Typeを「Read and Write」にしてから、「Recreate my access token」を押して、Access level が「Read and write」の状態でAccess tokenとAccess token secretが表示されていることを確認します。

    2.tweepyライブラリのインストール

    インストール手順は以下の通り

     3.アクセスに必要な各種トークンを入手する

    TwitterのDevelopperサイトを開いて、ログイン後、 My applicationから「OAuth tool」タブを開いて、CONSUMER_KEY、CONSUMER_SECRET、ACCESS_KEY、ACCESS_SECRETを入手する。

    4.投稿テスト

    投稿テストしてみる。スクリプトはこちらのサイトそのまんま。詳しい説明はそちらを。
    スクリプト内の CONSUMER_KEY、CONSUMER_SECRET、ACCESS_KEY、ACCESS_SECRET は上記3で入手したものをコピペする。

    これでシェルからコマンドラインから実行してみると・・・

    これで無事に投稿できました!!

    5.Raspberry Piから投稿してみる

    まったく同じ手順で tweepy を Raspberry Pi にインストールした後、 このtwit.pyファイルも Raspberry Pi にコピーしてコマンドラインから投稿テストを行ったところ、無事に投稿できました!

    コメントをどうぞ(日本語のみ/Only in Japanese)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)