Twitter用Pythonライブラリのtweepyを試してみました

Raspberry Piからツイートする方法を調べるため、Pythonライブラリのtweepyを試してみます。

1.Twitterのアカウントの準備とアプリケーション登録

アカウントの登録については、省略。準備したアカウントに対してこちらのサイトを参考にして、アプリケーション登録をしました。他にも参考になるサイトはたくさんあるようです。
登録後、自分の登録アプリケーション一覧は https://dev.twitter.com/apps/ で確認、変更する。
この中で、登録アプリケーションを開いて、「Setting」の中のApplication Typeを「Read and Write」にしてから、「Recreate my access token」を押して、Access level が「Read and write」の状態でAccess tokenとAccess token secretが表示されていることを確認します。

2.tweepyライブラリのインストール

インストール手順は以下の通り

$ sudo apt-get install python-setuptools
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
python-setuptools
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 37 個。
217 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,077 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ natty/main python-setuptools all 0.6.15-1ubuntu1 [217 kB]
217 kB を 3秒 で取得しました (69.9 kB/s)
未選択パッケージ python-setuptools を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 173551 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../python-setuptools_0.6.15-1ubuntu1_all.deb から) python-setuptools を展開しています...
python-setuptools (0.6.15-1ubuntu1) を設定しています ...
$ sudo easy_install tweepy 
Searching for tweepy
Reading http://pypi.python.org/simple/tweepy/
Reading http://github.com/joshthecoder/tweepy
Reading http://github.com/tweepy/tweepy
Best match: tweepy 1.11
Downloading http://pypi.python.org/packages/source/t/tweepy/tweepy-1.11.tar.gz#md5=6d8d760f41e2473e20077279e65e17a0
Processing tweepy-1.11.tar.gz
Running tweepy-1.11/setup.py -q bdist_egg --dist-dir /tmp/easy_install-SzL6DK/tweepy-1.11/egg-dist-tmp-iXWi9s
Adding tweepy 1.11 to easy-install.pth file
Installed /usr/local/lib/python2.7/dist-packages/tweepy-1.11-py2.7.egg
Processing dependencies for tweepy
Finished processing dependencies for tweepy
$ python
Python 2.7.1+ (r271:86832, Apr 11 2011, 18:13:53) 
[GCC 4.5.2] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import tweepy
>>>
$

 3.アクセスに必要な各種トークンを入手する

TwitterのDevelopperサイトを開いて、ログイン後、 My applicationから「OAuth tool」タブを開いて、CONSUMER_KEY、CONSUMER_SECRET、ACCESS_KEY、ACCESS_SECRETを入手する。

4.投稿テスト

投稿テストしてみる。スクリプトはこちらのサイトそのまんま。詳しい説明はそちらを。
スクリプト内の CONSUMER_KEY、CONSUMER_SECRET、ACCESS_KEY、ACCESS_SECRET は上記3で入手したものをコピペする。

#!/usr/bin/env python
import sys
import tweepy
CONSUMER_KEY = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
CONSUMER_SECRET = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
ACCESS_KEY = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
ACCESS_SECRET = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
mypost = sys.stdin.readline().strip()
if 0==len(mypost):
    exit()
auth = tweepy.OAuthHandler(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET)
auth.set_access_token(ACCESS_KEY, ACCESS_SECRET)
api = tweepy.API(auth)
api.update_status(mypost)

これでシェルからコマンドラインから実行してみると・・・

$ ./twit.py 
これは投稿テストです
$

これで無事に投稿できました!!

5.Raspberry Piから投稿してみる

まったく同じ手順で tweepy を Raspberry Pi にインストールした後、 このtwit.pyファイルも Raspberry Pi にコピーしてコマンドラインから投稿テストを行ったところ、無事に投稿できました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)