FreeNASのディスクをフォーマットしなおす

出張中にrsyncによるバックアップが終わっていたので、元のミラーディスクを消去します。
(ちなみにバックアップはLinux上でも別にrsyncで取ってありますので、二重化はされたままです)

ストレージを表示し、先にバックアップをとったボリュームのところの赤×がついたアイコンをクリックしてボリュームを削除します。この時、Windows共有(CIFS)の設定をクリアするか聞いてきますが、クリアしないで残しておきます。(CIFSの共有自体はrsyncでバックアップを取る前に停止してあります)

改めてボリュームマネージャで同じボリューム名で2本のHDDをミラーリングにてZFSボリュームを作成します。この時の設定として暗号化を追加します。

ボリューム作成が終わったらバックアップからの復元のためにrsyncで逆方向のコピーを行ってデータを復元しますが、また長い長い時間がかかります。放置しておくしかありませんので、今日はここまでです。

あとはCIFSのサービスを再開させればいいのだと思いますが、どうでしょうかね。

<追伸>
CIFSサービスを再開させるだけで無事にファイルサーバとして復帰してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)