Raspbianにavahi-daemonをインストール

これまでネットワーク上のRaspberryPiにSSHでリモートログインする場合には、事前にIPアドレスを固定で割り振っておいて、

$ ssh pi@192.168.1.41

とかしていました。しかし、これは結構面倒くさいし、スマートじゃない。RasPiの場合はSDカード側にホスト情報が保持されているので、RasPiが複数台あるとIPアドレスがぶつかりそうになります。

で、簡単に済ます方法が avahi です。調べると、BonjourのOSS版っぽいことが書いてあったり、Zeroconfだぁとか書いてあったりしますが、要は固定IPじゃなくても極めて簡単に名前ベースでsshとかrdpとかが使えるようになります。

インストールは、

$ sudo apt-get install avahi-daemon

です。

RaspberryPi側のホスト名(/etc/hostname)が「raspberrypi」だとすると、インストール後には「raspberrypi.local」で名前解決できるようになります。そうすると、

$ ssh pi@raspberrypi.local

でSSHログインできたり、

$ sshfs pi@raspberrypi.local:/ /mountpoint

でsshfsでマウントできたり、

$ rdesktop -u pi raspberrypi.local

でリモートデスクトップ接続ができます。また、

$ avahi-brouse -ar

でローカルネットワーク上の対応しているサービスの一覧を表示させることができます。

SDカードにホスト名を書いておけば、DHCP環境ではIPアドレスがぶつかる心配をすることなく複数のRaspberryPiを動作させることができます。

※別にRasPiでなくてもBeagleBoneでも同じ手順で対応できます。

“Raspbianにavahi-daemonをインストール” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)