面白チップESP8266発見

なかなか忙しくて思うような事ができない今日この頃、久しぶりにWebサーフィンしていたら面白チップを発見しました。

その名もESP8266。どうやらIoTに使えそうなアプリケーションプロセッサ入りWiFiチップのようです。AliExpressで$5/ユニット程度(2個で送料無料っぽい)、Seeed Studioで$6.95でモジュールで購入できるようです。もちろんこんなモジュールに技適などあるわけないので、日本ではシールドルームなど電波的に閉ざされた空間でしか使えないわけで残念です。機能的にはこちらにデータシートの翻訳っぽいものがあるので眺めてみました。(元のデータシートはこちらですが、中国のローカルベンダーのチップのようです。資料は公開されてるのに「Confidential」とか書いてあります・・・いかにも中国的ですが・・・。)

興味深いところでは、こんな感じ。

  • 802.11 b/g/n
  • WiFi Direct(P2P), Soft-AP
  • Built-in TCP/IP protocol stack
  • Built-in temperature sensor
  • Built-in low-power 32bit CPU
    AHBバスはあるようですがARMとは書いてありません。メジャーなアーキテクチャではないのかも?
  • SDIO 2.0, SPI, UART (RTCもある模様)
  • Firmware and software tools development kit
  • AT Commands
    ATコマンドで制御できるのでしょうか?

当然GPIOもあるので、簡単なものの制御ならワンチップで、多少複雑なものならホストからの制御で使う、という使い方なのでしょうね。いろんな応用が思い浮かびますが、チップが小さいだけに怪しい応用もありそうです(^^;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)