FreeCADを使ってみた

Wings 3Dに引き続き3Dデータの作成に挑戦するため、やはりSynapticでLinuxMint 18 x64の環境にインストールできるFreeCADを試してみました。

試行錯誤しながら動かしていたのですが、自分のように他の人が3DCADを使っているところを見たことがあれば、こちらの紹介記事をみながら何とか使えそうな感じです。操作で最もわからなかったのが、視点の変更。平行移動がマウスの中ボタン(スクロールホイール)を押しながらマウス移動、回転させるのが中ボタン+左ボダンを押しながらマウス移動ということです。

で、あれこれしながら作ってみたデータはこんな感じ。

sample1

何かの基板を入れるようなケースを意図して作ってみたのがこんな感じ。

sample2

データ作成にあたっては、各オブジェクトの位置(穴や凹みは引き算で作ってますので、引くためのオブジェクトも含む)の座標や大きさなどを数値で打ち込んで行くイメージになりそうな感じです。なので、ラフスケッチのイメージを作っておいてから作業着手するのが良さそうです。3Dプリンタで簡単なものを作ったり、KiCAD用の3Dモデルを作る程度であれば、自分でも何とか使えそうです。(KiCADに持っていく方法やピンを作る方法は別途考えないといけないですが・・・)

他に少し古いバージョンを対象に書かれているようですが、こちらのサイトも参考になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)