LinuxMint19にLTSpiceをインストールしてみる(1)

【注意:Synapticに初めから出てくるのは古いバージョンの可能性があるので、wineとwine32を削除後、$ sudo apt-get autoremove とした後、現在違う方法でやり直しています。】

ちょっと回路シミュレーションをしてみたくなったのですが、できればLinuxでやりたい。でも、GUIで簡単にやりたい。そして、今動かすならLTSpiceでしょう、というところなのですが、残念ながら、LTSpiceはWindowsとMacOS X用しか用意されていない。・・・となれば、Wineでトライしてみます。

いつものようにSynapticパッケージマネージャを起動、「Wine」で検索するとでてくる「wine1.6」を選択して依存パッケージとともにインストールします。

引き続き、LTSpiceのWindows版をダウンロードして、ダウンロードしたファイルに実行属性を付けます。

引き続き、Wineで実行してみます。

ということで、エラーになってしまいました。LTSpiceが32bit版のためのようです。

として大量のライブラリをインストールしてから、改めてトライしてみます。

とすると、しばらく沈黙したあと、以下のようなインストーラのウインドウが表示されるのだが、

ご覧の通り、文字化けしている。検索するとよくある現象の模様。
こちらのページを見ると、winetricksというツールで解消できる模様。

で起動して、「Select the default wineprefix」⇒「Install a font」⇒「cjkfonts」であとは従っていくとインストールできる。途中、警告がいくつか出るが、実行中のWineプログラムが終了されるというもののようなので、はじめから何も実行していなければそのままOKでよいはず。

$ wine LTspiceXVII.exe

でインストーラが起動し、まだ一部文字化けはあるもののなんとかインストール、起動まではたどり着きました。

以下のあたりも参考になりそうです。https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=118386

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)