MPLAB SNAPのケースを作ってみた

Microchipからリリースされた新しいPIC(だけじゃなくて、AVRとかも扱えるらしい)用デバッガ・プログラマのSNAPが秋月にあったので買ってきました。

いままでのPICkitと違って、こいつはケースがなく、基板剥き出しです。必要なら3Dプリンタで自分でケースを作ってね、ということみたいです。

・・・というわけで、作ってみました。

例によって、スナップフィットで蓋を固定するようにしたので、3Dプリンタで出力した2つの部品以外は必要なく、なかなかいい感じになりました。

LEDの部分は穴を開けるのではなく、厚さを薄くしてありますので、LEDが点灯すると透けて見えます。中にゴミなどが入る心配がないのがいいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)