ドップラーセンサー用のケースを設計

以前作ったESP32のテスト用の基板以前買った秋月のドップラーセンサを適当に組みあわせてFusion360でケースを設計、出力してみました。

組み合わせた基板はこんな感じでいきあたりばったりです。

でも、基板に合わせてこんな感じのケースを設計しました。

こんな感じで基板を載せます。

蓋をしてネジ止めするとそれっぽくなるのが3Dプリンタのいいところです(笑)。

ネジ穴はM3x6のネジのネジ部を実測して、2.8mmの穴を開けて、入れやすいようにC1で面取りしただけで、いい感じにネジ止めできるようになります。何度も開け閉めするものでなければインサートナットを挿入しなくてもいいので楽ちんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)