STM32F103C8ボードのSTM32duino化

いろいろ調べたところ、どうやらブートローダーは書き換える必要があるようです。以下に手順を記録します。

1.フラッシュ書き込みツールのインストールと準備

フラッシュへの書き込みツールは以下の手順でインストールします。

$ sudo apt install stm32flash

ツールの書き込みができたら、USBシリアルケーブルと接続します。

  • USBシリアルのVcc ⇔ STM32F103ボードの+5V
  • USBシリアルのGND ⇔ STM32F103ボードのGND
  • USBシリアルのTX ⇔ STM32F103ボードのA10
  • USBシリアルのRX ⇔ STM32F103ボードのA9

接続したら、BOOT0のジャンパを1側にセットして、PCに接続します。

2.ブートローダのダウンロードと書き込み

以下の手順でブートローダをダウンロードして書き込みます。

~$ git clone https://github.com/rogerclarkmelbourne/STM32duino-bootloader
Cloning into 'STM32duino-bootloader'...
remote: Enumerating objects: 796, done.
remote: Total 796 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 796
Receiving objects: 100% (796/796), 905.37 KiB | 1.18 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (548/548), done.
~$ cd STM32duino-bootloader/
~/STM32duino-bootloader$ cd binaries/
~/STM32duino-bootloader/binaries$ sudo stm32flash -f -v -w generic_boot20_pc13.bin /dev/ttyUSB0
stm32flash 0.5

http://stm32flash.sourceforge.net/

Using Parser : Raw BINARY
Interface serial_posix: 57600 8E1
Version      : 0x22
Option 1     : 0x00
Option 2     : 0x00
Device ID    : 0x0410 (STM32F10xxx Medium-density)
- RAM        : 20KiB  (512b reserved by bootloader)
- Flash      : 128KiB (size first sector: 4x1024)
- Option RAM : 16b
- System RAM : 2KiB
Write to memory
Erasing memory
Wrote and verified address 0x08005294 (100.00%) Done.

~/STM32duino-bootloader/binaries$ 

書き込んだらPCからUSBシリアルを外して、ジャンパを戻します。

【参考】
https://ht-deko.com/arduino/stm32f103c8t6.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)