『実践Rustプログラミング入門』を買ってみた

最近、久しぶりにC言語でコードを書いていて、『せめてC++で書けばよかった』とか思い始めました。『Rustで書けばもっと楽なのかも?』『Goの方がいいのか?』とか考え始めたのですが、まあ、そんなこんなで最近の流行りはRustらしいよねー、ということで、AmazonでKindle版が約半額くらいだったので、

[初田直也, 山口聖弘, 吉川哲史, 豊田優貴, 松本健太郎, 原将己, 中村謙弘, フォルシア株式会社]の実践Rustプログラミング入門

をポイントで買ってみました。

なんでそんなのをわざわざ記事にするのかと言うと、電子書籍は

買ったことを忘れるから

です。買ったことを忘れるので、できるだけ紙の書籍を買うようにしていたのですが、紙の書籍は最近いろいろ辛い(察してください)ので、結局読まないのです。

だったら、PCの画面上で読んでやろう、ということでブラウザで読めることを確認して初めてKindle本を買いました。が、この電子書籍版はコンテンツは画像イメージのようです。まあ、Linux版Chrome上でKindle Cloud Readerで読むつもりなのですが、余白がちょっと大きくて印刷したときに裁断する余白まで含んだ感じの大きさなのがいまいちなところです。(Kindle端末も調べてみたけど、どれも画面サイズが小さい。イメージ表示ではとても読めたものではない予感がします。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)