iperf3 serverを立ち上げてみる

自宅の回線速度を計測してみたくて、某所Ubuntu Serverにiperf3 serverを立ち上げてみました。
まあ、Webベースの計測でもいいじゃないか、という気もするのですが、何をやっているのかわからないので、iperf3 serverを起動してみました。

インストール

以下の手順でインストールします。

$ sudo apt install iperf3
$ sudo adduser iperf --disabled-login -gecos iperf
[sudo] password for xxxxx: 
Adding user `iperf' ...
Adding new group `iperf' (1001) ...
Adding new user `iperf' (1001) with group `iperf' ...
Creating home directory `/home/iperf' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
$

インストールが完了したら、

$ sudo nano /etc/systemd/system/iperf3-server@.service

として、systemd用の設定ファイルを作成します、内容は、

[Unit]
Description=iperf3 server on port %i
After=syslog.target network.target

[Service]
ExecStart=/usr/bin/iperf3 -s -1 -p %i
Restart=always
RuntimeMaxSec=3600
User=iperf

[Install]
WantedBy=multi-user.target
DefaultInstance=5201

です。

作成したら、

$ sudo systemctl daemon-reload

として、daemonをリロードして設定ファイルを読み込ませます。

起動と測定と終了

起動する前に状態を確認してみます。

$ for p in $(seq 9200 9240); do sudo systemctl status iperf3-server@$p ; done
● iperf3-server@9200.service - iperf3 server on port 9200
     Loaded: loaded (/etc/systemd/system/iperf3-server@.service; disabled; vendor preset: enabled)
     Active: inactive (dead)
 :
 :(中略)
 :
● iperf3-server@9240.service - iperf3 server on port 9240
     Loaded: loaded (/etc/systemd/system/iperf3-server@.service; disabled; vendor preset: enabled)
     Active: inactive (dead)

起動してみます。

$ for p in $(seq 9200 9240); do sudo systemctl start iperf3-server@$p ; done

再度確認すると、

$ for p in $(seq 9200 9240); do sudo systemctl status iperf3-server@$p ; done
● iperf3-server@9200.service - iperf3 server on port 9200
     Loaded: loaded (/etc/systemd/system/iperf3-server@.service; disabled; vendor preset: enabled)
     Active: active (running) since Thu 2022-02-17 00:14:57 JST; 4s ago
   Main PID: 38682 (iperf3)
      Tasks: 1 (limit: 9263)
     Memory: 392.0K
     CGroup: /system.slice/system-iperf3\x2dserver.slice/iperf3-server@9200.service
             └─38682 /usr/bin/iperf3 -s -1 -p 9200

  :
  :

という感じで動作していることが確認できます。
注)以下の方が良さそう

$ sudo systemctl status iperf3-server@*

この状態で、対向から

$ iperf3 -c hostname -p 9200 -P 10 -4

や、

$ iperf3 -c hostname -p 9200 -P 10 -4 -R

としてテストします。

終了したら、

$ sudo systemctl stop iperf3-server@*

で停止しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)