趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • Raspberry Piにつないでドップラーセンサーをテスト

    投稿日 2018年 11月 6日 コメントはありません

    LinuxMintにつないで(たぶんFT234Xのせいで)うまくいかなかった秋月のドップラーセンサーキット。こんどはRaspberry Piにつないでテストしてみました。

    Raspberry Piにつないで電源投入後、SSHで接続。dialoutグループにユーザー pi がいるのを確認して、screenをインストール。おもむろに、

    としてみた。
    センサーに手を近づけると反応するので、何か送ってきているのだけど、附属のマニュアルとは異なり、文字化けしているように見える。うーむ。

    ・・・・まじめにシリアルの波形見るか・・・。


  • 秋月ドップラーセンサーキットをテストしました

    投稿日 2018年 11月 5日 コメントはありません

    3Dプリンタでケースを作った秋月ドップラーキットですが、テストしてみました。

    環境はLinuxMint19です。

    1.準備

    • システム管理の「ユーザーとグループ」でdialoutグループに自分のユーザーを追加
    • synapticでmoserialをインストール
    • 一旦再起動(実際にはログアウト/再ログインでいいはず)

    2.通信ソフトのセットアップ

    • アクセサリの下のmoserialを起動
    • 「ポートの設定」で、デバイスを/dev/ttyUSB0(環境による)、ボーレートを9600、データのビットを8、ストップビットを1、パリティをodd、ハンドシェイクは両方共チェックなし、アクセスモードはRead and Write、ローカルエコーはチェックありに設定

    3.接続

    で、「接続」を押して接続・・・・すると、そこは USB-UARTチップがFT234Xなので、見事にデスクトップがハングアップしました。正確には、moserialは動いていて、@ERと@EOが繰り返し送られてきて表示されるのですが、何も操作できません。で、一旦、USBケーブルを抜いて、再度刺したらデスクトップが復活しました。

    うーむ、相変わらずですね、FT234X。どうにかならないんですかねー??
    でも、ぐぐっても、FT234XとLinuxの組み合わせでダメという情報は少ない。うまくいったという情報も少ないのだけど。(もっと正確に書くと、うまくいったという情報はポツポツあるのだけど、本当にFT234Xのままでうまく行っているのか、他のFT232R系のものに変えてうまく行っているのか曖昧なものが多いような気がする)

    うまく行かないのは自分だけなんだろうか??


  • 秋月ドップラセンサキット用ケースを作成

    投稿日 2018年 11月 4日 コメントはありません

    ずっと前に秋月で購入したNJR4265J1を使用したドップラーセンサキットがあったのですが、基板を裸で動かすのもイマイチかと思い、放置してありました。
    で、部屋を整理していたら出てきたので、Fusion360の練習を兼ねて3Dプリンタでケースを作ってみました。

    できるだけネジなどを使わずに作れないかということで、基板の固定は取り付け穴に嵌まる凸の形状を作り、そこに嵌めた基板を反対側からも棒で抑える形状としました。分割したケース同士はスナップフィットを使って結合することにしました。

    出力はPLAを使って、Infillは100%としました。スナップフィットの柱が薄かったせいか、Infill率が低いと柱が折れてしまいます。

    で、最終的な形態がこちら。USB端子しかないのでシンプルです。発熱がよくわかりませんが、とりあえず放熱用の穴は付けていません。(ソフトウェアでの制御はまだしていませんが、熱くなる気配はなさそうなので)
    基板上についているLEDがかなり明るく、出力に使用したグレーのPLAだと中のLEDが光っているのが透けて見える状況です。状況によっては黒のPLAで出力し直したいと思いますが、とりあえず思った以上にうまくいきました。


  • NanoPi NEO2セットアップ(Armbian編)

    投稿日 2018年 10月 13日 コメントはありません

    一旦は公式ディストリビューション?であるFriendlyCoreをインストールしたのですが、できるだけオープン系ということでArmbianをインストールし直しました。

    OSイメージは Armbian の NanoPi NEO2 のページから Armbiean Stretch をダウンロードしました。ダウンロードしたイメージファイルを展開して、USBイメージライタでMicroSDカードに書き込むのは同じです。

    書き込んだMicroSDカードをNanoPi NEO2に挿入します。ローカルPCで

    を電源投入前後で実行、増えたIPアドレスを調べます。(注:電源投入後の実行はしばらく待ってから行います)
    調べたIPアドレスに対して、

    として、パスワード「1234」でログインします。ログインすると、rootのパスワードの設定変更を求められ、引き続きユーザーアカウントの作成を求められますので、適当に作成します。作成完了後、そのまま、

    としてアップデートとavahi-daemonのインストール、カーネルバージョンアップ後の再起動を行います。以降は

    でリモートログインできます。リモートログイン後、

    として、Personalの項目内の Timezone、Locale、Hostname を適当に設定しておしまいです。


  • NanoPi NEO2のUbuntu CoreでWiFi有効化

    投稿日 2017年 11月 29日 コメントはありません

    NanoPi NEO2 の Ubuntu Core で WiFi を有効化したので、その際のメモです。

    使用可能なUSBアダプタは

    • RTL8188CUS 802.11n WLAN Adapter
    • RT2070 Wireless Adapter
    • RT2870/RT3070 Wireless Adapter
    • RTL8192CU Wireless Adapter
    • NetGear, Inc. WG111v3 54 Mbps Wireless [realtek RTL8187B]

    ということらしいですが、きっと Raspberry Pi で動作可能なものは動くのでしょう^^;

    USBコネクタにWiFiアダプタは挿しておきます。

     

    1.使用可能なデバイスのリストアップ

    という感じで、wlxに続いてMACアドレスという形でデバイスが表示されました。

    2.WiFi起動

    $ sudo nmcli r wifi on

    3.アクセスポイントのスキャン

    という感じでグラフィカルに表示されます。

    4.アクセスポイントに接続

    5.接続されているか確認

    という感じで無事に接続。再起動しても大丈夫です。


  • NanoPi NEO2のNASキットを動かしてみました

    投稿日 2017年 11月 28日 6個のコメント

    秋月で NanoPi NEO/NEO2 用のNASキットが売っていたので、買ってみました。

    秋月の説明書きにはヒートシンクが同梱されているとは書いてない(写真には写っていますが・・・)ので、思わずヒートシンクも余計に買ってしまいましたが、これから買う方はキットにヒートシンクが同梱されているので気をつけて下さい。

    このNASキット以外に、

    • NanoPi-NEO2 (または NanoPi-NEO)
    • 2.5インチのHDDまたはSDD(まずは余り物の160GBをつけてみました)
    • CR2032コイン型リチウム電池
    • 起動用のMicroSDカード(手持ちの16GBを使いました)
    • 12VのACアダプタ(秋月で標準的なDCプラグがついているもの)

    の準備が必要です。

    組み立てにあたっては、

    • ハンダゴテ一式(NanoPi-NEO2の端子はハンダ付けが必要)
    • プラスドライバ(たぶん+1のもの)

    も必要です。

    とりあえず、端子をハンダ付けしました。ランド径が小さいので、ハンダ付けしにくいです。

    この状態で、別のNanoPi-NEO2 から持ってきた MicroSD カードを挿して Ubuntu-Core で起動して ssh でログイン、適当に /dev/sda1 を mount してやると、中身を見ることができましたので、動作は問題ないようです。

    ヒートシンクを付けてみました。

    この後、Official ROMのイメージを

    https://www.mediafire.com/folder/ah4i6w029912b/NanoPi-NEO2

    の下の Official ROMs から nanopi-neo2_debian-nas-jessie_4.11.2_20171103.img.zip をダウンロードして、これを展開、USBイメージライタでMicroSDに書き込んで電源投入します。

    ブラウザで、 http://friendlyelec.local/ にアクセスすると、

    として画面が出ました。

    ユーザー名: admin
    パスワード: openmediavault

    でログインすることができました。

    とりあえず、

    • Web管理者パスワードの設定
    • タイムゾーンの設定、NTPの有効化
    • ホスト名を NanoPi-NAS に変更
    • アップデートの確認&インストール
    • ディスクのワイプ、ファイルシステム作成
    • ユーザーの作成

    をしてみました。

    この後、プラグインを見てみると、「openmediavault-flashmemory」というのがあり、これを使うと MicroSD への書き込みを減らせるようです。・・・が、インストールを試みたところエラーになりました・・・。

    あと、デフォルトで root での ssh ログインが有効になっています

    $ ssh root@nanopi-nas.local (変更していない場合はfriendlyelec.local)
    root@nanopi-nas.local’s password: (デフォルトパスワードは fa )
    root@nanopi-nas:~# passwd
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    root@nanopi-nas:~# passwd pi
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    root@nanopi-nas:~# passwd fa
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    root@nanopi-nas:~#

    として、ログインパスワードは変更しておく必要があります。(もしくは、SSHを無効化したほうがよいかも)

    ・・・と思ったのですが、/etc/ssh/sshd_config の AllowGroups の項目には root と ssh しかいないので、実際にログインできるのは root だけのようです。


  • NanoPi NEO2のデバッグシリアルに苦労した話

    投稿日 2017年 11月 8日 コメントはありません

    Gigabit Ethernet環境でtcpdumpをひたすら放置で動かしておきたくて、NanoPi NEO2に手を出してました。

    ファイルシステムのイメージファイルは違いますが、NanoPi NEOと同じ手順で環境構築できて、一度はシリアルコンソールが動いているUART0(デバッグシリアル)も動いていたのですが、しばらくシリアルコンソール無しで運用した後、再びシリアルコンソール経由で操作をしたくなった時に苦労しました。

    公式サイトにある端子説明がこちらで、実物を半田面から写真を取ったのが以下です。

    わかりますでしょうか??

    実は写真に写っているNanoPi-NEO2の実物のデバッグシリアルの端子表記は間違っているので、シルク印刷の端子表記を信用すると動かない、という罠に陥ります。本当は、写真の上から、GND、5V、TX、RXの順で逆順になっています。

    ・・・ということで、最初に動かした時は公式サイトの端子説明をみて配線したので無事動いたのですが、今日改めて動かそうとした時には基板のシルク印刷をみて動かそうとしたので、動かなかった、というオチでした。悩んだ数時間を返してくれ、という感じです。


  • ROCK64/4GBを買ってみた

    投稿日 2017年 10月 9日 2個のコメント

    秋月にROCK64が売られていたので買ってみました。ROCK64はRaspberry Piと似たような形状のボードコンピュータですが、ギガビットイーサネットとUSB3.0を搭載し、搭載RAM容量別に3モデルあって、この手のボードとしては大容量の4GBのRAMが搭載されているモデルがあるので手を出してみました。秋月のページでは電源供給には何やら工作しないと電源供給できないような面倒くさいことが書いてありますが、秋月で売っている内径2.1mmの5V3A出力のACアダプタと、2.1mmメス⇔1.3mmオスの変換プラグ(たぶんこれ)で基板上のDCジャックから電源供給できました。

    次に、ソフトウェアというか、Linuxのイメージですが、こちらに掲載されているものをいくつか試してみましたが、まだどれも今ひとつな感じです。UARTコンソール経由で制御したかったのですが、シリアルコンソールは通信パラメータがわかりません。速度をいろいろ変えても、ubootも正しく表示できないです。(オシロスコープで直接見れば良いのですが・・・)
    また、USB HUBを噛ませているからかもしれないですが、USBキーボードとUSBマウスで入力しようとすると、時々キーイベント(キー押下、キー放す)を取りこぼすようです。

    もうしばらくいろいろいじってみる必要がありそうです。


  • Pine A64+ 2GBにarmbianをインストール

    投稿日 2017年 7月 26日 2個のコメント

    Pine A64+ であるが公式サイトのUbuntu Mateはアップデートを行っていくと /boot パーティションの容量不足でアップデートができなくなってしまいました。これを機会に、armbianを試してみました。(ちなみに、以前の記事では1GB版でしたが、その後、秋月で2GB版が出ていたので買ってしまいました・・・)

    1.イメージを書き込み

    Ubuntu Desktopをこちらから bit torrent 経由でダウンロードして、ファイル展開、Linux Mint のUSBイメージライタで16GBのMicroSDカードに書き込みます。

    2.起動

    HDMIで液晶モニタに接続、USBでキーボードとマウスを接続してMicroUSB経由で電源供給してしばらくすると、CLIのログイン画面が表示されます。ここで、ユーザー名:root、パスワード:1234でログインすると、rootのパスワード変更が求められますので、パスワード設定を行います。引き続き、一般ユーザーの作成が求められますので、ユーザー名とパスワードとその他のログイン情報(空欄のままで大丈夫)を設定していきます。設定が終わると、GUIが起動します。

    3.アップデートの適用

    DHCPサーバーのある環境なので、何もしなくてもネットワークに接続できるようになっています。termnialを開いて、

    でアップデートをすべて適用します。

    4.日本語サポートの追加

    左上の「Application」から「Setting」を選択、その下の「Language Support」を選択すると、「The language support is not installed competely」と表示されるので「Install」をクリックして不足部分のインストールを行います。この処理はかなり時間がかかります。途中、パスワード入力を求められるので、適宜入力してやります。
    インストール直後だとサポート言語はEnglishのみなので、下の方の「Install/Remove Languages…」をクリックして、Japaneseにチェックを入れて「Apply」をクリック。
    再起動してログオンし直すと、メニューなどが日本語化されます。

    5.時計表示の修正

    時計表示を右クリックしてプロパティを選択、タイムゾーンが空白になっているので、Japanに修正すると時刻表示が正しくなります。

    6.ArmbianのConfig

    デスクトップ上のConfigのアイコンをダブルクリックすると、uxtermが開いてその中でUbuntu16.04のconfiguration utilityが起動します。とりあえず必要な設定項目はないようですが、ここに設定があることを忘れないために備忘録としてメモしておきます。

    7.ToDo

    残っていること

    • 解像度が1280×720になっているので、1920×1080に変更したい。
    • 日本語入力の設定

  • NanoPi NEOを動かしてみた

    投稿日 2017年 7月 23日 コメントはありません

    秋月にまた安価なLinux板が出ていたので、つい買ってしまいました。

    今回買ったのは、Nano Pi NEO 512MB で、価格は1,680円。本家本元?のFRIENDLY ELECでは512MB版は$9.99のようなのですが、思い立ったら買えるということを考えると、高くはないかと思います。併せて、専用のヒートシンクも買ってきました。こちらは400円ですが、本家本元では$2.97。本家では、その他のオプションとして3Dプリントされたハウジングがあるようなのですが、こちらは残念ながら秋月にはありません。

    とりあえず、秋月の商品のところにあるリンクを辿って、official-ROMsからUbuntu-Core 4.11 をダウンロード、Linux Mint 16のUSBイメージライタで8GBのMicroSDに書き込みます。シリアルコンソールとして、手持ちのUSBシリアル変換ケーブルをNano Pi NEOの基板上のシリアル端子に接続してGtkTermで115200bpsのN81で接続、Ethernetは適当にDHCP環境のルータに接続して、MicroUSBにて電源供給すると、U-BOOTのメッセージに続いてLinuxの起動メッセージがつらつらと出てきて、そのうち勝手にログインしてくれます。シリアルコンソールの場合には自動的にログイン状態になるようです。初めから DHCPクライアントも動いているので、シリアルコンソールにIPアドレスも表示されます。

    コンソールのみですが、基本はUbuntuなので難しいことはありません。秋月からもリンクされているサポートページの「6 Work with Ubuntu-Core with Qt-Embedded」あたりに従っていけばOKです。とりあえず、お約束?の、

    あたりと、

    でパスワードの変更あたりを実施。

    とやると、別の linux マシンから

    とやってログインできるようになります。(NanoPi-NEOはデフォルトのホスト名。npi-config で設定変更できます)

    初めから avahi-daemon が入っていれば、イメージをMicroSDに書き込んで、とにかく起動して、しばらく待ってから

    でログインできそうなのがちょっと残念かも。まあ、IPアドレス調べればいいだけなんですけどね。