USBメモリにUbuntu 10.04をインストール(1) ~プロローグ~

再来週、海外に出張することとなりました。
一応、会社のノートPCを持参はするのですがリモートデスクトップ専用PCなので会社以外に接続できません。かといって、どうせ夜は暇だし、ネットワーク接続は無料だし、だけどもう1台持っていくのも重いし、ということで、USBメモリにLinuxのデスクトップ環境を入れて、そこから会社のノートPCでLinuxをブートできないかと調べてみました。

じつは、PuppyLinuxではずいぶん前にUSBメモリからの起動にトライして成功しています。しかし、起動はできるものの、無線LANが再起動のたびにドライバをインストールしなければならないという状況で、放置していました。また、Puppyはアップデートの方法がわかりませんので、セキュリティ的にもちょっと不安が残ります。

Ubuntuであれば、普段使っているし、セキュリティアップデートも自動でチェックしてくれるし、ということで嬉しいので、UbuntuでUSBメモリ起動ができないか調べてみました。すると、現行の10.04 ではなく 9.04 とかそれより前のバージョンであれば実績がありそうなことがわかりました。また、Ubuntu 10.04 のインストール方法を紹介した公式ページでも、USBにインストールする方法についてのリンクがあります。ただ、このリンク先も8.04,8.10,9.04が対象バージョンで、10.04は(今のところ?)対象になっていません。が、特に10.04がダメとも書いていないので、まずやってみることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)