WindowsXPでIPv6を使ってみる

WindowsXPの場合は簡単です。今回は、Tokyo6to4 PROJECTのページの記載と、アクセンステクノロジー社のWebの記述を参考にしました。

コマンドプロンプトで「ipv6 install」と入力します。「Installing…」と表示され、しばらくすると「Succeeded.」と表示されます。

次に、teredoのサーバを教えてやります。(Miredoの開発者が提供しているサーバではうまくいかないようです)

netsh interface ipv6 set teredo enterpriseclient teredo.ipv6.microsoft.com

その後、ポリシーテーブルを変更してIPv6を優先で使うために、以下の内容を入力します。

netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::1/128 50 0
netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::/0 40 1
netsh interface ipv6 set prefixpolicy 2002::/16 30 1
netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::/96 20 3
netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::ffff:0:0/96 10 4
netsh interface ipv6 set prefixpolicy 2001::/32 30 1

赤字の部分はtokyou6to4のサイトの記述から変更した部分です。変更しないとブラウザでhttp://www.kame.netにアクセスしても亀さんが踊ってくれませんでした。本当はもうちょっとちゃんと設定値を考えないといけないのでしょうが、とりあえずここまでということで。

・・・というわけで、あっさり完了です。

元に戻すときは、

  • 「ipv6 reset」でIPv6の設定を初期化
  • 「ipv6 uninstall」でIPv6をアンインストール
  • 「netsh interface ipv6 reset」でポリシーテーブルをデフォルトに戻す

ということのようです。

・・・・と思ったら、一度アンインストールしたら同じ手順では動かなくなってしまいました。tracert6などは正常に動作していますが、なぜかブラウザではアクセスできません。

で、いろいろ1時間くらい悩んだ結果、一瞬だけKerperskyの動作を禁止し、その間にアクセスすると、その後は大丈夫(再起動しても大丈夫でした)、ということがわかりました。一体何なんでしょうね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)