UbuntuでIPv6対応する手順のまとめ

先の記事では作業過程で書いていたので、結局何が必要なのかわかりにくくなってしまいました。他のPCでもIPv6対応するときのために、NAT環境下のUbuntu10.04LTSでIPv6対応する手順をまとめておきます。(自分では確認していませんので、そのつもりで見てください)

  1. Gufwをインストールして起動する(これはIPv6のためではありません)
    クライアントPCなら設定はそのまま(受信はすべて拒否)でOK
  2. ufwの設定として、/etc/ufw/ufw.conf に
    IPV6=yes
    と書き足して、IPv6を使うことを知らせる。
  3. Synapticパッケージマネージャでmiredoを選択してインストールする
  4. Teredoサーバを選択するなら、/etc/midero.conf を編集する
  5. ネットワークマネージャの接続情報で、ターゲットとなる設定のIPv6設定の「メソッド」を「無視」に設定する
  6. ホスト名の解決のため、/etc/gai.confの
    #label 2001:0::/32 7
    という行を、
    label 2001:0::/32 1
    に修正する
  7. 再起動する
  8. ブラウザで http://www.kame.net に接続し、踊る亀が見えればOK

と、意外にあっさりしたものになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)