3.3V版秋月Arduino (2)組立・動作確認編

早速、3.3V版として組み立てました。

結局、パターンカットはせず、写真のように3端子レギュレータ周りの小細工ですませました。

先に検討していれば、PWR-SELのジャンパは固定にすることになるので必要なかったのですが、後から考えたので美しくなくなってしまいました。

で、組立後、AE-UM232RとATMEGA328を取り付けて、電源ONし、Arduinoを立ち上げて、ボード選択(Arduino Pro or Pro mini (3.3V,8MHz) w/ ATmega328を選択し、AVRISP mkII でブートローダを書き込んで動作確認しました。

その後、ExmpleのLEDチカチカをコンパイル&書き込みし、動作確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)