Arduinoベースの湿度計

調子に乗って、湿度計の方もまとめてみました。

基本的には同じ構成ですが、ブレッドボードで動作確認した後で気圧計も載せたいと思っているので、センサ類は暫定で載せています。あとで、LCDの下に移設しないと気圧計が入らないと思うので、まとめて0.2ミリの厚さの表面実装部品用ユニバーサルボードに載せてます。この0.2ミリ厚のボードはハサミでチョキチョキ切れるのが便利です。ちなみに、ATmega周り、レギュレータ周りなどもコンデンサ類はチップ品を使っています。1608サイズのチップは2.54ミリピッチのユニバーサル基板と相性がいいのでお勧めです。

センサ部分は奥からLM35DZ、0.22uFのフィルムコンデンサ、HS-15Pの順です。スイッチは電源スイッチで、その奥にあるのが5VのCMOSレギュレータのXC6202P502です。パスコン類は半田面側に4.7uFと10uFのチップコンデンサをつけてあります。

先に作った加速度計と並べてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)