ArduinoでSDカード(1)

センサが読めるようになったら、今度はそれをロギングしたくなるのは当然と言えるでしょう。

というわけで、こんなものを作ってみました。

単にSDカードのソケットをユニバーサル基板に載せただけです。載せるにあたって、位置合わせ用のエンボスを切り飛ばしたり、端の方の2.54ミリピッチに合わないピンをそっと曲げたりして載せてあります。当然、SPIモードでの接続です。

後ろのArduinoは3.3V/8MHz動作版のArduino(Akidukino)です。ただ、液晶モジュールは5V動作のものが多いので両方付けようとすると結構面倒くさい・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)