各国のロボットが福島に結集?

今回の東日本大震災を発端とする福島第一原子力発電所の事故の事態収拾のため、各国のロボットが人が入れないところでの作業用などに集まってくると報道がされています。

もともと日本はASIMOや産業用などのロボット技術では進んでいたはず・・・なのですが、今回はどうも海外のものが注目されています。で、日本でもJCOの臨界事故を受けて、放射線強度が高いとこで活動できるロボットを開発したらしいのですが、維持する予算がなかったために動かせる状態にないらしい。原子力事故などはないにこしたことはないし、あったとしても滅多にあるものではないのだけど、だからといって備えをしなくてもいいというわけでもない。しかし、原子力事故だけを目的に開発・維持管理するのは無理があります。他の用途とあわせて自衛隊などの装備にするのがあるべき姿なのではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

会社組織でも同じですが、なんと縦割り&セクショナリズムが激しいことでしょう・・・。

また、日本でも民間企業でも無人で空撮ができる機器をもっている会社があるようです。また、その写真が載っているサイトがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)