USB加速度計(KXM52版)

結局、KXP84は突然のノイズ(?)が入って使い物にならなかったので、KXM52-1050で改めてUSB接続のArduinoベースの加速度計を作りました。

今回はLCDがないのでより小さな基板とケースに入れています。ATMEGA328Pと加速度センサの電源はUSBシリアル変換モジュールからの3.3V出力を使っています。

写真に写っている一部の抵抗を除いて抵抗・コンデンサ・LEDはチップ部品を使って実装しています。ケースは100円ショップで売っていたポリプロピレンのカードケースを加工して納めました。

・・・が、このケースを固定する場所がなかったりします。どうしようかな・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)