久しぶりにUSBメモリにLinuxをインストール

以前、超小型のUSBメモリ(というより、SDHCカードリーダ)にLinuxをインストールして使っていましたが、結局カードリーダ側が4個すべて壊れてしまいました。かなり熱を持っていたのと、どう考えても放熱できないので、そのせいで壊れたような気がします。まあ、そもそも連続運用するような想定で作られていないでしょうが。

すべて壊れてしまったので、追加で買ってもまた壊れるだけだと思いましたので、それ以降はUSBでの運用はHDDに限定していました。しかし先日、100円ショップダイソーでMicroSDHCカードリーダ(105円)を見かけました。100円なら壊れても動かなくても諦めがつく、ということで、これに先のカードリーダに挿していた8GBのMicroSDHC(class10)を挿して、LinuxMintを普通にインストールしてみました。

今回はRemasterSysで構築済みの環境のDVDを作成して、これでインストールしてみました。手順は、例によってオンボードのSATAを禁止して/dev/sdaがUSBメモリになるような状態をつくって、HDDへのインストールと同じ手順です。

インストール自体は何ら問題なく完了し起動も問題ありませんでしたが、今回インストールに使ったマシンはメモリを4GB搭載していたせいか、SWAP領域が4GB以上取られていて、起動後アラームが発生しました。これについては SystemRescueCD を起動して Gparted でSWAP領域と拡張領域のサイズを縮小し、その分基本領域を広げて対処しました。

さらに、少しでも遅いのを補う目的で、アクセス時間の記録の禁止し、一時ファイルをRAMに置くため、/etc/fstabを以下の通り変更しました。赤字部分が追加箇所です。

起動時間は長いですが、動き始めたら快適に動くようになりました。

Linuxでインターネットラジオを楽しむ

最近(といってもずっと前からですが)のWebは動画などを別にすると音がなくて非常に寂しいです。そのため、ラジオを聴くことが多いです。

以前は秋月で買ってきたインターネットラジオキットで聴いていたのですが、東日本大震災と同じ時期に壊れてしまいました。物理的な破損はないのですが、設定した内容が保存されなくなってしまったのです。おそらく搭載されているEEPROMが壊れているのでしょう。ただの偶然だとは思いますが、なぜ東日本大震災と同じ時期に壊れたのかは謎です。寿命に達するにはこの程度の使い方ではファームウェアにバグがない限り早すぎますので。

で、せっかくなのでLinuxで聴くことにしました。

1.インストールと起動

LinuxMintのソフトウェアの管理で「radio」と打ち込んで検索すると最上位に上がってくるのが radiotray です。評価も高そうなので、これをインストールしてみます。

さくっとインストールして、「サウンドとビデオ」のメニューから起動すると、右下のアイコン表示領域に上の画像の左上のアンテナマークがアイコンとして収まります。操作はそのアイコン領域からジャンル別に並んだ放送局を選択するだけです。

やや難があるとすると、音量の設定が「設定」→「Volume Up/Down」で5%ずつ変化するだけだということです。初期値100%なので、半分にするには10回繰り返さなければなりません。

2.放送局の追加

「設定」→「Configure Radiostation」(多分。途中から切れている)を選ぶと、ブックマークの編集画面になります。「追加」を押すと、タイトルとURLを入力するウインドウが開きます。

ここに入力するURLが問題ですが、ここには SHOUTcast のアドレスを入れれば良いようです。

http://www.shotcast.com を開くと、Webラジオの放送局リストが出てきますが、ここで好きなものを選びます。最終的に放送局を選ぶ際に、右クリックで「新しいタブで開く」を選ぶと、別のタブで再生が始まりますが、その時に、

というような id 付きのURLがアドレスバーに表示されます。これをURLとして設定すれば良いようです。

3.その他

設定した内容(放送局リスト)は、

に保存されるようです。

同じディレクトリにある config.xml を弄ると通知の有無やボリュームのステップなども変えられそうです。

使用した感じは上々です。これでしばらくは大丈夫そうです。

APTonCDによるDVD作成

前回の続きです。

apt-mirrorによってリポジトリを作成したら、パッケージファイルをキャッシュディレクトリに移動します。このあたりは、こちらを参考にしました。(LinuxMintなので、ルート権限の扱いのところだけ修正してあります)

$ cd /var/spool/apt-mirror #ミラーの格納用ディレクトリに移動
$ find mirror/ -iname *.deb | sudo xargs mv -t /var/cache/apt/archives #パッケージファイルを検索して、各ファイルをキャッシュディレクトリに移動

処理は1分くらいで終わりますので、APTonCDを起動します。

多分リストアップ処理をしているのでしょうが、かなり時間がかかります。

完了すると、ディスクに書き込むパッケージを選択する画面が出てきますが、ここまでの手順ですと、トータルで36901ファイルで40.4GB、選択されたものだけでも33859ファイルで35.8GBとの表示が出ています。容量に差があるのは、同じパッケージが複数ある場合には、バージョンが古いほうが除外されるためです。

で、このままBurnを押すと・・・・DVD9枚という表示が出ました。さすがにちょっと・・・ですねぇ・・・。

 

USB顕微鏡をLinuxMint11につないでみた

ジャンク箱を漁っていたら、USB顕微鏡が出てきました。

Windows用のドライバCDROMがついているのですが、確かウイルスチェックで引っかかるのでどうしようもなくて放置してあったものです。で、今回、Linuxで動くなら試してみようと思います。

とりあえず、LinuxMint11のマシンにつないでみました。

$ lsusb
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 004 Device 009: ID 046d:c526 Logitech, Inc. Nano Receiver
Bus 004 Device 003: ID 04d9:1400 Holtek Semiconductor, Inc. PS/2 keyboard + mouse controller
Bus 004 Device 002: ID 0557:7000 ATEN International Co., Ltd Hub
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 002 Device 002: ID 093a:2620 Pixart Imaging, Inc.
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
$

デバイスとしては認識しているようです。デバイスIDの093a:2620を元に検索していくと、こちらのページにたどり着きました。こちらの記載によれば、kernel 2.6.33 以降だと対応しているように見えます。dmesg を見ると、

$ dmesg | tail
[76788.780056] usb 2-2: new full speed USB device using uhci_hcd and address 2
[76789.122045] Linux video capture interface: v2.00
[76789.138157] gspca: v2.12.0 registered
[76789.143388] gspca: probing 093a:2620
[76789.148267] input: pac7302 as /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-2/input/input16
[76789.148685] gspca: video0 created
[76789.148788] usbcore: registered new interface driver pac7302
$

ということで、確かに認識していて、video0 というデバイスファイルが生成されているように見えます。

そこで試しにWebcamで写真を撮るツールの Cheese(サウンドとビデオの下に標準でインストールされています)を起動してみたところ、なんと動いてしまいました。所詮はVGA解像度ですし、明るさの自動補正がなにかおかしいですが、何もせずに動いてしまったのは驚きです。回路図をインクジェットプリンタで印刷したものを撮ってみるとこんな感じです。

apt-mirrorによるリポジトリの取得

LinuxMintやUbuntuは非常に使いやすいし、いろんなOSSベースの作業環境になっています。ただ、インターネットが使えない環境ではパッケージの追加もままならないので、途端に利用のハードルが上がってしまいます。

しかしながら、そんな環境で役立ちそうなのがapt-mirrorとAPTonCDを使ったリポジトリのコピーを作成することです。

今回は、LinuxMint11の環境で実際に試してみることにしました。

1.LiveCDの準備

使用する環境を構築し、まずはRemasterSysでライブDVDを作成します。インストール時にはこれを使ってターゲット環境を構築します。

2.ソフトウェアの準備

APTonCDはデフォルトでインストールされているようですので、パッケージマネージャでapt-mirrorを追加インストールします。

3.apt-mirrorの設定

/etc/apt/mirror.lst を編集します。Synapticパッケージマネージャのリポジトリの設定を見ながら、必要なリポジトリを追加していきます。ソースパッケージは大きくなるだけなので、コメントアウトしました。

4.ミラー開始

# sudo apt-mirror

でミラーを開始します。

・・・が、取得するサイズが40.3GiBと出ました・・・。
DVD-Rでも現実的なサイズではないですねぇ・・・。Blue-Rayになら2枚で収まるのでなんとか現実的な範囲ですが・・・。

Atom230を復活させました

余っていたGA-GC230Dマザーを自宅サーバの実験用に復活させました。

Mini-ITXのケースは大きさの割に高かったり、レイアウトが苦しかったりいろいろあるのですが、Amazonで見つけたJX-FX100Bというケースは大きさも手頃で、150Wの電源付きで価格も4880円と安く、しかも(当たり前ですが)Amazonで配達してくれます。

なので、ポチッとしてしまいました。

Amazon.co.jpから画像を借りました

5000円程度のケースの割に、見た目はまあまあです。側面および上面のカバーはよくある塗装ではなく、ヘアライン加工風のシートが貼ってあるようで、振動抑制に効いているのかもしれません。写真に写っているフロントのCDドライブベイはフタではなく、中にCDドライブを設置してイジェクトすると、手前に開くタイプです。つまり、CDドライブを設置した状態で上記の写真の状態になります。

で、早速余っていたGA-GC230D、2GBのDDR2-800のDIMM、320GBのSATA-HDD、4倍速のDVD-RW(RAMじゃないのが使いにくい・・)を組み込みました。中のスペースはMini-ITXにしては余裕があり、取り回しは楽な方です。背面にはフルハイト(=LowProfileではない)のスロットが一つあるので、何かのカードを増設することも可能ですが、電源ケーブルの長さなどから言ってちょっと苦しかったです。5インチベイを使わなければ、5インチベイにHDDを取り付けて、スペースを空ける手もありそうです。

で、組み立て完了して電源投入しますが、背面のファンが8センチということもあって、かなり静かです。これなら24時間運転してもあまりうるさく感じることはなさそうです。また、5インチベイと3.5インチシャドウベイにそれぞれHDDを入れて、ミラーリングやストライピングに使ってみる、という手もありそうです。安価な5000円のMini-ITXケースですが、値段の割にはお勧めです。