さくらのVPS乗り換え(1)

これまで「さくらのVPS 512」を契約して、Ubuntu10.04のリモートデスクトップとして使っていたのですが、3/29にさくらのVPSがリニューアルされて、その乗り換えキャンペーンの案内が来ました。

旧契約は、

  • さくらのVPS 512 : 月額980円、メモリ512MB、HDD20GB

だったのですが、新しい契約メニューは、

  • さくらのVPS 1G : 月額980円、メモリ1GB、HDD100GB
  • さくらのVPS 2G : 月額1480円、メモリ2GB、HDD200GB
  • さくらのVPS 4G : 月額3980円、メモリ4GB、HDD400GB
  • さくらのVPS 8G : 月額7980円、メモリ8GB、HDD800GB

になっています。しかも4/20までに解約手続きと次の契約を完了すると、乗り換えキャンペーンで1ヶ月分の料金が割引されるようです。いわば、ちょっと乗り換え期間分の費用は出るけど、旧契約での上位契約相当に月額費用は変わらずに乗り換えできるイメージです。

なので、ちょっと面倒ですが、乗り換えてみることにして、素直に新しい「さくらのVPS 1G」の契約をしました。クレジットカードで決済しているので、例によって2週間のお試し期間があります。

・・・・が、ここでふと、HDDの容量に着目すると、非常に大容量になっています。

DropBoxと比較すると、

  • DropBox Pro 50 : 月額US$9.99(約800円)で50GB
  • DropBox Pro 100 : 月額US$19.99(約1600円)で100GB

と(DropBoxの使い勝手の部分はあるのですが)容量単価ではDropBoxを上回っています。そこで、障害の対策や災害の対策を兼ねて、ローカルの重要なファイル(といっても写真とか趣味のプログラムなどの成果物ですが)を暗号化+DokanSSHFSを使って預けてしまうことを考えました。そこで必要なHDD容量を見積もると100GBでは少し足りないことがわかりましたので、「さくらのVPS 1G」を速攻でキャンセルして、「さくらのVPS 2G」に変更しました。

早速改めて申し込みなおすと15分くらいで使えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)