Raspberry Pi Revision1.0をECN0001相当に改造

今、Raspberry Piは2台あるのですが、1台は Revision1.0 + ECN0001相当なのでUSB無線LANアダプタを直結できるのですが、もう1台は素のRevision1.0なのでUSB無線LANアダプタの接続ができません。
そこで、そちらをECN0001相当に改造してみました。

まず、ECN0001の内容ですが、これはこちらに記述があります。

まとめると、

  • F1、F2がポリスイッチ(リセッタブルヒューズ)から0Ωに変更になっている
    このポリスイッチでUSBの出力が140mAに制限されています。
  • D14が削除
    こちらはHDMIに接続するディスプレイによっては不具合が発生するようです。

です。後者は自分の所では影響は出ていないので放置するとして、前者の処置をします。
具体的には、

というような感じで、ショートしてしまえばOKです。

あとは、/proc/cpuinfoで帰ってくる値を・・・と思ったのですが、これはハードウェアで何かしているわけではないようです(どこかにEEPROMがあるのでしょう)ので、諦めました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)