Raspberry PiでGPIO制御

Raspberry PiでGPIOの制御を試してみました。

ハードウェアとしてはGPIOの23/24/25にアノードコモンのRGBのLEDを接続し、GPIOの17/22に3.3V-1.8kΩでプルアップしたタクトスイッチを接続しました。アノードコモンのLEDなのでLow(0)出力で点灯、プルアップしたタクトスイッチなのでスイッチ押下でLow(0)になります。

“Raspberry PiでGPIO制御” の続きを読む

環境情報をRaspberry PiでTweetしてみる

いろいろネタが揃ってきたので、 Raspberry Piで環境情報をつぶやかせてみることにしました。

まず、環境を取得するハードウェアは、以前作った気圧計・温湿度計を使います。LCDの表示がついていますが、とりあえずはそのままにしておきます。Arduinoベースのこの気圧計・温湿度計は、5秒ごとに気圧、温度、湿度を測定し、9600bpsでUSBシリアルに送信してきます。

“環境情報をRaspberry PiでTweetしてみる” の続きを読む

RasPi Rev2は英国製になるかも?

9/6のRaspberry Piの公式ページの書き込みをみると、いずれ製造は中国から英国に移るようです。

もともと英国国内で作ってくれる工場を探していたのだけど、1万台製造が前提でモデルAで25ドル、モデルBで35ドルで販売するためのコストが合わなかったため、一度は中国で作る決断をしたとのこと。が、実際には数十万台という数がまとまる実績ができたこともあって、Sony UKに生産が移るようなことが書かれています。途中、Sony UKの技術・品質の高さが蕩々とかかれていますが、Sony UKでは月産3万台の製造を予定していて、30人くらいの新たな雇用が生まれるようです。

英国で製造されたかどうかは、電源ジャック(MicroUSBコネクタのことでしょう)の隣に「Made in the UK」と書かれているかでわかるようです。

あ、あと、Rev.2の基板写真も上がってました。
翌日の公式ページにも載っています)

写真を見て気づいたことは、

  • リセット用のジャンパはHDMIコネクタの脇っぽい
  • 追加されるコネクタP5はP1の隣っぽい
  • 改版は12月には終わってたっぽい
    (Raspberry Pi (c)2011.12 のシルクがある)
  • M2.5の取り付け穴は概ね予想通りの位置
  • CEマーク、FCCマークが表面に移動している
  • WEEEリサイクルマーク(ゴミ箱×マーク)が表面に移動している

といったことでしょうか??

Raspberry Piにwheezy raspbianをインストール

早速、Raspberry Pi にLinuxを入れてみます。使用した環境はいつものLinuxMint11 64bit環境です。

Raspberry PiのWikiのダウンロードページの真ん中あたりにある Raspbian “wheezy”の項目の Raspbianをダウンロードします。

ダウンロード後、

として、SHA-1のチェックサムと整合がとれているか確認し、改竄されていないことを確認します。

として展開します。

“Raspberry Piにwheezy raspbianをインストール” の続きを読む