VMware上のX windowの画面サイズ

普段使っているデスクトップ環境はLinuxMint11 64bit版なのですが、いろんな目的でVMware Player上でUbuntuやその他のOSを使っています。

UbuntuはVMware Playerの画面サイズに合わせてX windowのデスクトップのサイズが勝手に変わって便利だったのですが、何かの拍子に変わらなくなり、ハードウェアとしてのディスプレイのサイズ(例えば1280×1024とか1680×1050とか)にしか切り替わらなくなってしまいました。

結構不便で困っていたのですが、直し方がわかったような気がするのでメモしておきます。

  1. Synapticパッケージマネージャを開く
  2. クイック検索で「vmware」と入力する
  3. 検索結果に出てくる以下のものをインストールする(インストール済みの場合は「再インストール指定」する)
    ・xserver-xorg-video-vmware
    ・xserver-xorg-input-vmmouse
    ・open-vm-tools
    ・open-vm-toolbox
    本当は全部じゃなくてもいいのかもしれませんが、とりあえずわかったところまで・・・ということで。
  4. インストール後、一旦ログアウトしてログインしなおす

これでウインドウサイズに合わせてデスクトップサイズが無段階(?)に変化するようです。LinuxMint13とUbuntu10.04LTSではとりあえずうまくいきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)