WWWブラウザへのFlashPlayerとJavaのインストール

Linuxのデスクトップ環境を使っていて困るポイントの一つにWWWブラウザのFlashPlayerとJavaのプラグインをどうするかというのがあるかと思います。最近、インストールする機会があったので、折角なのでメモしておきます。
どちらも方法は考え方としては同じです。APTが用意されていたりすることもありますが、必ず動くという意味で、tar.gz でインストールしてみます。この場合、新しいバージョンが出たらどうするか、というのが心配ではありますが・・・。

Javaのインストール

Javaの場合には、OpenJDKがSynapticパッケージマネージャなどからインストールできれば、そちらの方が簡単なのですが、ここではOpenJDKではなくOracle(旧Sun)のJavaをインストールする場合を記載します。

  1. http://java.com にアクセスし、tar.gz版のアーカイブをダウンロードします。
    今回の場合は、jre-7u17-linux-i586.tar.gz をダウンロードしてきました。
  2. インストール先のディレクトリを用意して、ファイルを展開します。
    $ su
    # mkdir /usr/java
    # cd /usr/java
    # tar xvfz ~/jre-7u17-linux-i586.tar.gz
  3. プラグインディレクトリからシンボリックリンクを張る
    firefoxの場合は、
    # cd /usr/lib/firefox/plugins
    # ln -s /usr/java/jre1.7.0_17/lib/i386/libnpjp2.so .
    となる。chromiumの場合は、
    # cd /usr/lib/chromium-browser/plugins
    # ln -s /usr/java/jre1.7.0_17/lib/i386/libnpjp2.so .
    ※赤文字の部分を修正しました。合わせて7u17バージョンに合わせて修正しました(2013/3/10)
     また、Firefoxのプラグインの設定をすれば、Chromiumは勝手にそれを認識するようです。
  4. ブラウザを起動して、プラグインを認識しているか確認する
    アドレスバーに「about:plugins」と入力して結果を確認する。

FlashPlayerの場合

注意)Ubuntu系の場合は単に「sudo apt-get install adobe-flashplugin」でインストールできます。

  1. FlashPlayerもtar.gz版をダウンロードしてきます。
    今回の場合は、install_flash_player_11_linux.i386.tar.gz でした。
  2. ファイルを展開してインストールする
    $ tar xvfz install_flash_player_11_linux.i386.tar.gz
    $ sudo cp -r usr/* /usr   ←ディレクトリを /usr の下にコピーします
  3. プラグインディレクトリにライブラリを置く
    Firefoxの場合なら、
    $ sudo cp libflashplayer.so /usr/lib/firefox/plugins
    Chromiumの場合なら、
    $ sudo cp libflashplayer.so /usr/lib/chromium-browser/plugins
  4. ブラウザを起動して、プラグインを認識しているか確認する
    アドレスバーに「about:plugins」と入力して結果を確認する。

以上でプラグインがインストールできます。
(記憶を辿って書いているので、間違っているかもしれません・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)