Ubuntu MATE 32bitをUSBメモリにインストール

Ubuntu MATE 32bitをUSBメモリにインストールしてみました。

なぜMATEかというと、通常のデスクトップ環境ではやはり重いので、なるべく軽いものにしたかったためです。

今回も32bit版をインストールしました。ダウンロードはこちらから。

いつものように、まずVMware上で一度インストーラISOイメージで仮想マシンを作って起動します。その後、一旦シャットダウンして、仮想マシンからHDDを取り除きます。一度起動するのは、仮想マシン作成直後はHDDを取り除けないからです。

次に、再度、インストーラISOイメージで仮想マシンを起動します。
起動して試すだけかインストールするかの選択画面がでたところでUSBメモリを取り付けます。今回は、新たにSanDiskのExtreme USB3.0 64GBを使ってみました。USBメモリを取り付けたら仮想マシン側に認識させ、その後でインストーラで「Ubuntuをインストール」をクリックします。

あとは普通にHDDにインストールするのと変わりませんが、データ領域を多めに取りたかったのでパーティションは手動で分けました。

インストールが終わったら、仮想マシンを終了し、PCを再起動します。この時にBIOSで内蔵SATAを禁止します。

再起動したら、過去の記事同様にいろいろ設定します。

  • SATAの禁止(内蔵HDDへのアクセス禁止)
  • /etc/fstabの設定(tmpfsの設定、マウントオプションにnoatimeを追加など)
  • 内蔵時計のUTC設定をローカルタイム設定に変更

など。

SATAを禁止したら、再起動後に内蔵HDDが見えない状態になっているのを確認します。あとは内蔵HDDのつもりで作業すれば大丈夫。

引き続き、いろいろやりますが、こちらが参考になります。

それにしてもSanDisk Extreme USB3.0 64GBは速いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)