趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • Heroku+Node.jsでHelloWorldしてみた(4)

    投稿日 2015年 7月 26日 コメントはありません

    16. クライアントによって異なる動作をさせる

    GETメソッドのパラメータが扱えることがわかったので、これで区別させてみたいと思います。まずは適当な作業用のディレクトリを作ります。

    次にソースコードを準備します。内容は下記の通りでhello2.jsという名前で保存します。

    次に、package.jsonファイルを作成します。

    これまでの例と名前の部分しか変わっていません。
    作成したら、npmで必要なパッケージをインストールします。

    次にProcfileを用意します。これはファイル名に合わせて修正します。

    ローカルでアプリを動かしてみます。

    ブラウザで「http://localhost:5000/」にまだデータがない旨、表示されます。次に「http://localhost:5000/?DATA=100」としてアクセスした後、再度「http://localhost:5000/」にアクセスすると、セットした値(100)が表示されます。

    次にherokuの作成済みのリポジトリにデプロイしてみます。

    「$ heroku open」として、動作確認してみます。

    Screenshot-Mozilla Firefox-10

    起動した直後なのでデータがない状態です。
    次に、URLを「https://whispering-basin-7319.herokuapp.com/?DATA=12345」としてみます。

    Screenshot-Mozilla Firefox-11

    データが設定できました。URLを元に戻してリロードし、記憶しているか確認してみます。

    Screenshot-Mozilla Firefox-12

    データがherokuのサーバ側に記憶されていることが確認できました。

     


    コメントをどうぞ(日本語のみ/Only in Japanese)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)