WindowsとLinuxで時計が狂うのを直す

昔から Linux と Windows のデュアルブートが可能な環境でOSを行き来すると、時計が大きくずれる現象が発生していました。これは Linux ではPCのハードウェア時計(RTC)が UTC(協定世界時)で動作しているのを前提としているのに対し、WindowsではRTCはローカルタイム(JST=日本標準時)で動作しているのを前提としており、それぞれのOSがNTPを利用して時刻修正を行って、それをRTCに反映していることが原因でした。

以前のバージョンのLinuxでは、 /etc/default/rcS に UTC=no と記載することにより、RTCの設定がローカルタイムであることを設定できたのですが、いつの頃からか /etc/default/rcS は存在しなくなっていました。

最近は Linux を使うことがほとんどで、それでもあまり困らなかったのですが、その修正方法がわかったのでメモしておきます。修正は以前と同様、Linux側で行います。使用するコマンドは timedatectl コマンドです。

ということで、最後の行にRTCがローカルタイムゾーンか否かの記載があります。で、

とするとこの設定を変更することができます。ところでこのコマンド、ハードウェア設定の変更に関わるものなのですが、root権限がなくても設定できてしまいます。(いいのかな?)

設定変更後に再度設定状況を読み出すと、

という感じで、警告が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)