NenoPiNeo2+NASキットで自宅内Ubuntuサーバを仕立てる

今回はUbuntu Focal(20.08LTS)で仕立てました。
なお、記載中のIPアドレスは実際のIPアドレスと異なります。

1.起動用MicroSDの準備とNASキットの組み立て

まずはイメージをダウンロードしてきます。
https://www.armbian.com/nanopi-neo-2/

これをディスクイメージライタでMicroSDに書き込んだら、NASキットを組み立てます。
NASキットのHDDには余っていた1TBのHDDを使いました。そろそろメカニカル障害を回避することを考えると、宅内のサーバくらいなSSDの240GBとかでもいいのかもしれません。

2.初回の接続

ネットワークにつないで起動する前に、

$ fping -g 192.168.1.0/24 2> /dev/null | grep alive

として生きているIPアドレスを列挙しておきます。
表示が完了したら、NASキットの電源を投入して起動します。
再び、

$ fping -g 192.168.1.0/24 2> /dev/null | grep alive

として、増えたIPアドレスにsshで接続します。

$ ssh root@192.168.1.x

初期パスワードは「1234」なので、これを入力してログインします。
ログインすると、パスワードを何に変更するか聞いてくるので、変更したいパスワードを入力します。
次に、一般ユーザーの作成を聞いてくるので、アカウント名とパスワード、本名(いつも入れません)を入力すると、一般ユーザーのアカウントが作成されます。

この状態では root でログインしているので、できることから作業していきます。

3.まずは更新します

なにはともあれ更新します。

$ apt update
$ apt upgrade

で更新をかけます。更新したら、カーネルが更新されていることが多いのでrebootコマンドで再起動します。しばらく待って、再度 root で再度ログインします。

4.HDDのパーティション設定

HDDのパーティションを設定します。

$ fdisk /def/sda

でfdiskを起動して、pコマンドでパーティションを表示して内容を確認。想定しているディスクであることを確認したら、dコマンドですべてのパーティションを消去します。すべてのパーティションを消去したら、nコマンドでディスク全体をext3パーティンションとして作成します。最初は /home を分けようかとか /var を分けようかとか悩んだのですが、考えること自体が面倒なのでディスク全体で1パーティションにしてしまいました。

5.HDDにルートファイルシステムを移動

armbian-configを起動して、HDDにルートファイルシステムを移動します。

Systemメニューの中のInstall(Install to/update boot loader)を選択します。

これで次のメニューで/dev/sda1を選択すれば、bootはMicroUSBのままですが、システムを/dev/sda1に移動することができます。(内部的にはUSBで接続されています)
sda1を選択後、ディスクが全部消えるよ、とかフォーマットどうする?とか聞いてきますが、すべてデフォルトでいいと思います。これで、ext4でフォーマットされて、システムの転送が始まります。転送には自分の場合には約4分かかるとの表示でした。転送完了後、リブートするか聞いてきますので、そのままEnterを押してリブートします。
ちなみに、NASキットでもUSBメモリを挿して同じ操作をすれば、USBメモリをシステムに置くことができるので、より速くなります。(速度だけならより高速なMicroSDカードを挿すほうがいいかもしれませんが)

6.ネットワークなどの設定

しばらく待って、再度rootでログインして、再びarmbian-configを起動して、今度はNetworkのメニューを設定します。IPのメニューでIPアドレスを固定化します・・・が、DNS設定がないようです。まあ、名前解決できているようなのでヨシとします。
Personalのメニューで必要に応じてタイムゾーンをAsia/Tokyo、ロケール、ホスト名を設定します。
ホスト名を設定したらSystemメニューでAvahiをイネーブルにします。

これでリブートすれば、とりあえず最低限の設定は終わりです。
引き続き、必要なソフトウェアをインストールするなりなんなりと・・・です。

ただ、気づいたのは3rd party softwareの中にOpenMediaVaultがなくなっていることです。まあ、今回はOpenMediaVaultは目的ではないですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)