安価なCO2センサの比較(2)

実際に手持ちのNDIR方式のCO2センサを概ね一箇所にまとめて置いて6時間ほどかけて比較してみました。場所は窓に近くで窓から50cmくらいのところで、自分が作業している椅子からは背後方向1mくらいのところです。対象は

  • Sensirion SCD30(注:キャリブレーションの期間が明らかに終わっていません)
  • Sensirion SCD41(これも稼働を始めて2日程度です)
  • Winsen MH-Z19B
  • Winsen MH-Z19C
  • MH-Z19Bのパチもの(グラフではFAKE19B)

の5つです。早速、結果から。

①の前は部屋の窓を少し開けた状態。①で窓を大きく開けました。②で窓を完全に締めました。③で暑くなってきたのでエアコンで冷房を入れました。④でエアコンを切って、窓を全開にして空気を入れ替えです。

②まではどれも同じくらいの値ですが、SCD30は外の風(ごく弱く、ほぼ無風です)の向きなどで影響されているのか、キャリブレーションが終わっていないからなのか、時々値が変動しています。窓を完全に閉めて部屋を締め切ると自分の呼気でCO2濃度が上昇を始めます。③でエアコンを稼働すると、エアコンのON/OFFに連動するのか、Sensirionのセンサーは定期的に値が上下しています。④で窓を開けると、一斉に値が下がり、400〜500ppmまで下がります。パチもんのMH-Z19Bだけは、値が大幅に異なっていて、他のセンサーでは2600ppm前後に達していても、こいつだけは1750ppm程度になっています。

というわけで、

パチもんのMH-Z19Bは使えねぇ

ということがよくわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)