安価なCO2センサの比較(3)

現時点でのCO2センサの勝手な比較をしてみました。各センサの(ほぼ)同一条件での出力比較はこちらの記事を見てみてください。
方式としては測定値に信頼性がおけるNDIR方式のもののみです。(MOX方式のCCS811も試したことがありますが、自分的には使い物になりません)
また、Sensirionのセンサはまだ初期キャリブレーションが終わっていないので、後で評価を更新するかもしれません。

利点欠点独断評価
SCD30
(Sensirion)
電源に対する要求が緩い
単体で扱いやすい
ユニバーサル基板にも載せやすい
千石マルツなどの国内の通販でも買える
低い濃度領域で400ppm以下の値が返ってくる。
初期のオートキャリブレーションの期間が長い(1週間連続通電が必要)
価格が高め。
SCD41
(Sensirion)
大きさが非常に小さい
電源に対する要求が緩い
公式ドライバソフトウェアが公開されている(ラズパイ、Arduino、組込)
省電力の間欠動作モードがある(電池動作向け)
SCD41単体での入手がまだできない?
SCD41単体でははんだ付けが困難
(評価キットで入手するのがおすすめ)
オートキャリブレーションの期間は不明(調査中)
MH-Z19B
(Winsen)
安価($20程度)
オートキャリブレーションの期間が短い(24時間)
ディスコン済み?
電源の要求条件が厳しい(5V±0.1V)
端子配置が一般的なユニバーサル基板のピッチにあってない
MH-Z19C
(Winsen)
安価で入手性良好(2480円で秋月で買える
オートキャリブレーションの期間が短い(24時間)
AliExpressに直営店出てます
電源の要求条件が厳しい(5V±0.1V)
端子配置が一般的なユニバーサル基板のピッチにあってない
MH-Z19Bの
パチもの
精度が極めて悪くて使い物にならない
価格も本物と変わらない
AliExpressで本物のMH-Z19Bの写真が貼ってあるのに送られてきたのはこれ
(Aliで買うならWinsenのShopで買いましょう)
×

秋月にはMH-Z14Bも取り扱いがあるようですが、入手していないので掲載していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)