趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • KXP84+SCP1000

    投稿日 2011年 5月 3日 コメントはありません

    KXP84-2050は一応動くようになったのですが、稀におかしなデータを吐くので困っています。

    連続でXYZの各データを読みつづけると、静止状態にも関わらず突然X方向に大きくずれた値を出力します。しかもYZは何事もなかったかの様に動作しつづけますし、その後X方向も元の値に戻ってしまいます。SPIでのデータ転送時のビット抜けかとも思いましたが、YZには影響がなかったり、ビット抜けパターンには合致しなかったりするので、ビット抜けではないようです。パスコンは写真の通り秋月モジュールなので0.1uFと4.7uFのセラミックコンデンサ(目視ではわかりませんけど)がついていますので、そうそう問題ではないはずです。

    時々誤動作する加速度センサでは困りますので、KXM52-1050の方に切り替えようかと思っています。

    一方、SCP1000の方ですが、こちらは上手くいっています。

    5/1の深夜から5/2の午前中にかけての室内の温度変化です。窓を少し開けて寝ましたので、明け方に温度が下がっているのがわかります。

    同様に気圧の変化です。約2サンプル/秒のものを強引にgnuplotでグラフ化しましたが、適切にサンプリングするようにすれば面白そうです。


  • 気圧センサSCP1000を試す

    投稿日 2011年 4月 30日 コメントはありません

    秋月で売っている気圧センサモジュールのSCP1000モジュールを試してみました。

    センサ単体では扱いにくいのですが、モジュールでは8pinDIPにまとめられています。これを3.3V版のArduinoにつないでみました。

    Arduino 0022 にはExampleの「SPI」のグループの中に「BarometricPressureSensor」としてSCP1000を制御するサンプルが含まれています。そのソースの始めの方にSCP1000の端子との接続方法が記載されていますので、その通りにつなぎます。ただし、ここに記載されているのはSCP1000のピン番号ですから、モジュールと接続するときは注意が必要です。モジュールの各端子と、Arduinoの接続方法は以下の通りです。

    1. TRIG信号。無接続。
    2. DRDY信号。ArduinoのDigital Pin 6に接続する。
    3. SCK信号。ArduinoのDigital Pin 13に接続する。
    4. GND。
    5. MOSI信号。ArduinoのDigital Pin 11に接続する。
    6. MISO信号。ArduinoのDigital Pin 12に接続する。
    7. CSB信号。ArduinoのDigital Pin 7に接続する。
    8. VCC。ArduinoのVCCに接続する。このセンサは3.3Vまでしか印加できないので、要注意!

    これで、サンプル「BarometricPressureSensor」をコンパイル・ダウンロードし、シリアルモニタでモニタすれば表示されるはずですが・・・・このサンプルはバグがあります。

    自分が修正した箇所(loop()の中です)を示します。

    //combine the two parts into one 19-bit number:
    long pressure = (((long)pressure_data_high << 16) | pressure_data_low)/4;
    float hPa = (float)pressure/100.0;

    // display the temperature:
    Serial.print(“\tPressure [hPa]=”);
    Serial.println(hPa);

    サンプルでは上記の箇所の2行目で(long)のキャストが抜けているために、正しく表示してくれません。ここを修正すれば、パスカル(Pa)単位で値が表示されます。(他に、SPIのレジスタアクセス部分にデバッグ用の表示があるので、それをコメントアウトしないと表示が鬱陶しいです)
    さらに自分はヘクトパスカルで表示したかったので、計算後にfloatの変数を定義して値を100で割って、それを表示するように変更しています。

    天気の変化に合わせて気圧が変化するのが目に見えるようになるのは面白いです。


  • M1.5の地震

    投稿日 2011年 4月 20日 コメントはありません

    なにげに地震情報を見ていたら、今朝5時44分に起きたマグニチュードM1.5という規模の小さな地震が地震情報に載っていました。

    震源は神奈川県西部、深さは10kmだそうです。こんな小さな地震が地震情報に載ったり、その上最大震度2とか複数地点で観測って珍しいと思うのですが・・・。


  • 余震の多い日でした・・・

    投稿日 2011年 4月 13日 コメントはありません

    昨日の夜から余震が続いています。

    昨日(4月11日)の17時16分の福島県浜通りM7.1、最大震度6弱

    昨日(4月11日)の20時42分の茨城県北部M5.9、最大震度5弱

    今日(4月12日)の7時26分長野県北部のM5.5、最大震度5弱

    今日(4月12日)の8時8分千葉県東方沖のM6.3、最大震度5弱

    今日(4月12日)の14時7分福島県浜通りのM6.3、最大震度6弱

    ということで、緊急地震速報が鳴り響く余震の多い一日でした。

    残念ながら、昨日は体調を崩して寝ていたせいか、地鳴りのようなものは感じませんでした。

    ・・・・が、ちょっと前(12日23:30~23:45くらい)になんとなく感じたんですよねぇ・・・・。ま、気のせいだと思いますが。


  • また大きな余震が・・・

    投稿日 2011年 4月 11日 コメントはありません

    東日本大震災から1ヶ月の今日の夕方17時16分、再び大きな余震がありました。

    震源は北緯36.9度、東経140.7度、マグニチュードM7.1、震源の深さは10kmだそうです。
    今回の地震では自作加速度計では20くらいの値(計算があっていれば単位はgal)を表示していましたので、震度4にギリギリ入るくらいのところでしょうか。

    もう少しメモリとパワーのあるマイコンが使えれば、リアルタイムで計測震度表示をしてみたいところですが・・・。


  • 昨日の地震の前兆?

    投稿日 2011年 4月 8日 コメントはありません

    昨日(4月7日)の午前11時くらいのできごとですが、3月11日の地震の数時間前と同様に地鳴りのような音を感じていました。

    といっても、3月11日のように「コォォォォーッ」というような感じではなく、「コッゴッコッゴッコッゴッ・・・・」というような感じです。前回と同じく、やはり窓を開けてみたのですが、前回同様、外から聞こえる音ではありません。前回に比べると微かでわかりにくかったのですが、それでも3月11日のことがありましたので、どこから音がしているのか突き止めるために職場内を歩き回って調べましたが、前回と同じように窓の外から聞こえる気がする(感じるという方が適切な表現かもしれません)ばかりで正体はわかりませんでした。今回は、近くにいた同期の友人に聞いても「そんなの聞こえない」とのことでした。

    そうこうしているうちに、11時40分に茨城県沖でM4.9の地震が発生しました。

    で、その後、ほとんど聞こえなくなってしまいましたので、その前兆だったのかな、とも思いましたが、M4.9の地震の前兆なんて当たっても意味がありません(それこそたくさん起きている)ので、結局3月11日の地鳴りが聞こえた(感じた)のも気のせいだったんだろう、とそれで妙にすっきりしてすっかり忘れていました。

    ・・・が、よく考えると、昨夜の宮城県沖のM7.4の地震の前兆だったのでしょうか・・?


  • 空白域がある??

    投稿日 2011年 4月 8日 コメントはありません

    AQUAシステムにいち早く情報が載るので、いつも地震が起きたらチェックする防災科学研究所Hi-net自動処理震源マップをたまたまみていたら、デフォルト表示の『日本全国広域』の『最新30日間』で埼玉・群馬・長野・山梨の4県が接するあたりに明らかな空白域が見えることに気がつきました。(画像を含むデータの転載はできないので、自分で見てください)

    ・・・・が、「日本全国拡大」や「東日本」に拡大すると、そんなにはっきりした空白域にはみえませんでした・・・。

    東日本の拡大図をみていると、今度はこんなところで地震が多いことに気がつきました。

    • 群馬栃木の県境、白根山の地域
    • 新潟県の苗場から十日町にかけての地域
    • 白馬~鹿島槍ヶ岳~立山の北アルプス地域
    • 密度は低いですが、いわゆる南アルプス地域

    どこも山なのが興味深いです。


  • 宮城県で強い余震発生

    投稿日 2011年 4月 8日 コメントはありません

    4月7日23時32分に宮城県沖で強い地震がありました。

    職場にいた前回と違って今回は自宅にいました。前回は翌日帰宅してみたら本棚のものがかなり放り出されていたのですが、今回は本棚の上から多少落ちてくるくらいでした。

    また、Arduinoベースの加速度計では15(gal)程度の値を表示していました。

    今回の震央は北緯38.2度、東経142度、マグニチュードM7.4、震源の深さは約40kmとのことだそうです。通常であれば、かなりの規模の地震ですが、3/11の大地震の前では余震にみえてしまいます。


  • 復興に向けた大連立は誰のため?

    投稿日 2011年 4月 4日 コメントはありません

    朝日新聞の記事によると、民主党・自民党・公明党の大連立の機運が盛り上がってきた、とあります。しかし、その背景は、民主党側はガレキ処理とか仮設住宅とか早急が必要なものへの対応、というのがありそうですが、一方で巨額の震災被害(記事によれば16兆円~25兆円)への復興事業に関与を求める声が自民党内のベテラン議員を中心に高まってきているだとか・・・。で、実現させるために、巨額の復興事業に関わる大臣ポストをいくつか用意するんだそうで。

    それで連立するのかしないのかわからないけれど、これで釣られる方も釣られる方だし、釣るのにそんな餌を用意する方も用意する方だと思う。記事によれば「民主党幹部は『運び方さえ間違わなければ大連立に進む』とか自信を示してる」んだとか。言い換えれば『金を餌にするから入れ食い間違いなし!』としか聞こえないんですけどね。

    復興はもちろん最優先事項だけど、この大連立に向けた動きは、どうも金と利権の匂いしかしない。自民党のベテラン議員と民主党の幹部、一体何なんでしょうね。この組み合わせでは、どうしても表向きの箱物事業のイメージしか沸きません。しかも、箱物に全予算をつぎ込んで終わってしまう気がします。

    今回の震災からの復興は今後の日本のいわゆる国家100年の計の礎ともなりうるものだと思います。現在の日本の経済状況からして、限られた予算でいかに効率よく回していくかが求められるはずです。それなのに、いきなりこれでは先が思いやられます・・・。


  • 各国のロボットが福島に結集?

    投稿日 2011年 4月 2日 コメントはありません

    今回の東日本大震災を発端とする福島第一原子力発電所の事故の事態収拾のため、各国のロボットが人が入れないところでの作業用などに集まってくると報道がされています。

    もともと日本はASIMOや産業用などのロボット技術では進んでいたはず・・・なのですが、今回はどうも海外のものが注目されています。で、日本でもJCOの臨界事故を受けて、放射線強度が高いとこで活動できるロボットを開発したらしいのですが、維持する予算がなかったために動かせる状態にないらしい。原子力事故などはないにこしたことはないし、あったとしても滅多にあるものではないのだけど、だからといって備えをしなくてもいいというわけでもない。しかし、原子力事故だけを目的に開発・維持管理するのは無理があります。他の用途とあわせて自衛隊などの装備にするのがあるべき姿なのではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

    会社組織でも同じですが、なんと縦割り&セクショナリズムが激しいことでしょう・・・。

    また、日本でも民間企業でも無人で空撮ができる機器をもっている会社があるようです。また、その写真が載っているサイトがありました。