趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • ROCK64リモートデスクトップ環境

    投稿日 2018年 11月 16日 コメントはありません

    1年位前に買ったROCK64 4GBにArmbian Ubuntu18.04を入れてみました。別の端末からリモートデスクトップで接続できる環境が容易に構築できました。RAMが4GBあるので、目的によっては非常に便利に使えそうです。

    1.Armbian Bionic for ROCK64のダウンロードとMicroSDへの書き込み

    Armbianからダウンロードします。MicroSDへの書き込みはいつものようにディスクイメージライタで行いました。

    2.初回電源投入

    MicroSDを取り付け、LANに接続します。
    接続先のIPアドレス確認のため電源投入の前に、fping でセグメント内で現在使われているIPアドレスを確認します。

    ROCK64の電源を投入し、しばらく待って、再度fpingコマンドを実行、差分のところがROCK64のIPアドレスなので、そのアドレスに対して

    としてログインします。初期パスワードは 1234 です。

    ※どうも、avahi-daemonが初めから動いているっぽいので、

    で行けそうな気がします。

    ログインに成功すると、現在のパスワード、新しいパスワードを確認してくるので入力します。
    さらに、通常ユーザーの作成に移るので、適当に通常ユーザーを作成します。

    一旦ログアウトして、再度作成したユーザーでログインし直します。

    3.初期設定

    で適当に初期設定を行います。

    Systemの項目から以下のソフトウェアをインストールします。

    • Minimal Desktop
    • Default(ブラウザその他のインストール)
    • Lightdm(ログインマネージャ)

    引き続きPersonalの項目から以下の項目を設定します。

    • TimezoneをAsia/Tokyoに設定
    • Languageはja_JP(UTF-8)

    さらに、Softwareの項目からRDPを設定します。

    4.リモートデスクトップクライアントから接続する

    設定が終わると、別のマシンから Remmina(RDPクライアント)で接続するとリモートアクセスが可能となっています。すでに部分的ですが日本語化もされています。

    「アプリケーション」⇒「Settings」⇒「言語サポート」で言語の設定を行いますが、この状態では英語のみインストールされていますので、「言語のインストールと削除」から日本語にチェックを入れて適用、キーボード入力に使うIMシステムにfcitxを選択します。その後、メニューとウインドウの言語で日本語を一番上に持ってきてから、「システム全体に適用」をクリックします。

    地域フォーマットも同様に日本語を選択し、システム全体に適用します。

    一旦ログアウトして、再度ログインして概ね完了です。
    初めから Chromium ブラウザも入っているので、

    5.ルートファイルシステムをUSBメモリに移動する

    USBメモリを挿入した状態でarmbian-configを起動して、System settings で Install(Install on SATA, eMMC, NAND or USB)を選択、Boot from SDを実行すると、USBメモリにルートファイルシステムを移動してくれます。(実行する際にUSBメモリのパーティションを削除しておくと、自動でパーティション作成ツールが起動します)

    USBメモリはこの記事で使ったSandisk UltraFit 3.1を使いましたが、システム移動後に

    として1GBのファイルを作成してみたところ、所要時間は約10秒、107MB/sの速度が出ました。
    まだ挙動がよくわからないところもありますが、速度面でも優位なのではないかと思います。

    ※Boot from SPIを実行するとSPIフラッシュにブートローダを書き込んで、SDカード無しで起動できるようになるのだと思いますが、戻し方を確認していないのでとりあえずbootはSDカードのままとしました。また、この作業は今回は最後にやりましたが、本来は最初にやっておいたほうがトータルの構築時間は短くて済むような気がします。


  • Raspberry Piにつないでドップラーセンサーをテスト

    投稿日 2018年 11月 6日 コメントはありません

    LinuxMintにつないで(たぶんFT234Xのせいで)うまくいかなかった秋月のドップラーセンサーキット。こんどはRaspberry Piにつないでテストしてみました。

    Raspberry Piにつないで電源投入後、SSHで接続。dialoutグループにユーザー pi がいるのを確認して、screenをインストール。おもむろに、

    としてみた。
    センサーに手を近づけると反応するので、何か送ってきているのだけど、附属のマニュアルとは異なり、文字化けしているように見える。うーむ。

    ・・・・まじめにシリアルの波形見るか・・・。


  • 秋月ドップラーセンサーキットをテストしました

    投稿日 2018年 11月 5日 コメントはありません

    3Dプリンタでケースを作った秋月ドップラーキットですが、テストしてみました。

    環境はLinuxMint19です。

    1.準備

    • システム管理の「ユーザーとグループ」でdialoutグループに自分のユーザーを追加
    • synapticでmoserialをインストール
    • 一旦再起動(実際にはログアウト/再ログインでいいはず)

    2.通信ソフトのセットアップ

    • アクセサリの下のmoserialを起動
    • 「ポートの設定」で、デバイスを/dev/ttyUSB0(環境による)、ボーレートを9600、データのビットを8、ストップビットを1、パリティをodd、ハンドシェイクは両方共チェックなし、アクセスモードはRead and Write、ローカルエコーはチェックありに設定

    3.接続

    で、「接続」を押して接続・・・・すると、そこは USB-UARTチップがFT234Xなので、見事にデスクトップがハングアップしました。正確には、moserialは動いていて、@ERと@EOが繰り返し送られてきて表示されるのですが、何も操作できません。で、一旦、USBケーブルを抜いて、再度刺したらデスクトップが復活しました。

    うーむ、相変わらずですね、FT234X。どうにかならないんですかねー??
    でも、ぐぐっても、FT234XとLinuxの組み合わせでダメという情報は少ない。うまくいったという情報も少ないのだけど。(もっと正確に書くと、うまくいったという情報はポツポツあるのだけど、本当にFT234Xのままでうまく行っているのか、他のFT232R系のものに変えてうまく行っているのか曖昧なものが多いような気がする)

    うまく行かないのは自分だけなんだろうか??


  • 秋月ドップラセンサキット用ケースを作成

    投稿日 2018年 11月 4日 コメントはありません

    ずっと前に秋月で購入したNJR4265J1を使用したドップラーセンサキットがあったのですが、基板を裸で動かすのもイマイチかと思い、放置してありました。
    で、部屋を整理していたら出てきたので、Fusion360の練習を兼ねて3Dプリンタでケースを作ってみました。

    できるだけネジなどを使わずに作れないかということで、基板の固定は取り付け穴に嵌まる凸の形状を作り、そこに嵌めた基板を反対側からも棒で抑える形状としました。分割したケース同士はスナップフィットを使って結合することにしました。

    出力はPLAを使って、Infillは100%としました。スナップフィットの柱が薄かったせいか、Infill率が低いと柱が折れてしまいます。

    で、最終的な形態がこちら。USB端子しかないのでシンプルです。発熱がよくわかりませんが、とりあえず放熱用の穴は付けていません。(ソフトウェアでの制御はまだしていませんが、熱くなる気配はなさそうなので)
    基板上についているLEDがかなり明るく、出力に使用したグレーのPLAだと中のLEDが光っているのが透けて見える状況です。状況によっては黒のPLAで出力し直したいと思いますが、とりあえず思った以上にうまくいきました。


  • LinuxMint19にLTSpiceをインストールしてみる(2)

    投稿日 2018年 10月 20日 コメントはありません

    どうも、wineの最新版は、WineHQを公式ページからインストールするのが良さそうです。ですので、まずsynapticでwineで検索して、wine1.6、wine32など、関連しそうなパッケージを削除した後、

    で不要と思われるパッケージを一掃して出直します。

    公式ページの記載に従って、

    とするのですが、最後のupdateで、

    E: リポジトリ https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/sudo bionic Release には Release ファイルがありません。
    N: このようなリポジトリから更新を安全に行うことができないので、デフォルトでは更新が無効になっています。
    N: リポジトリの作成とユーザ設定の詳細は、apt-secure(8) man ページを参照してください。

    となってエラーになってしまいます。うーん、ローカル側の感じがしないので、どうしたものか。
    後戻りしてしまいました。


  • LinuxMint19にLTSpiceをインストールしてみる(1)

    投稿日 2018年 10月 20日 コメントはありません

    【注意:Synapticに初めから出てくるのは古いバージョンの可能性があるので、wineとwine32を削除後、$ sudo apt-get autoremove とした後、現在違う方法でやり直しています。】

    ちょっと回路シミュレーションをしてみたくなったのですが、できればLinuxでやりたい。でも、GUIで簡単にやりたい。そして、今動かすならLTSpiceでしょう、というところなのですが、残念ながら、LTSpiceはWindowsとMacOS X用しか用意されていない。・・・となれば、Wineでトライしてみます。

    いつものようにSynapticパッケージマネージャを起動、「Wine」で検索するとでてくる「wine1.6」を選択して依存パッケージとともにインストールします。

    引き続き、LTSpiceのWindows版をダウンロードして、ダウンロードしたファイルに実行属性を付けます。

    引き続き、Wineで実行してみます。

    ということで、エラーになってしまいました。LTSpiceが32bit版のためのようです。

    として大量のライブラリをインストールしてから、改めてトライしてみます。

    とすると、しばらく沈黙したあと、以下のようなインストーラのウインドウが表示されるのだが、

    ご覧の通り、文字化けしている。検索するとよくある現象の模様。
    こちらのページを見ると、winetricksというツールで解消できる模様。

    で起動して、「Select the default wineprefix」⇒「Install a font」⇒「cjkfonts」であとは従っていくとインストールできる。途中、警告がいくつか出るが、実行中のWineプログラムが終了されるというもののようなので、はじめから何も実行していなければそのままOKでよいはず。

    $ wine LTspiceXVII.exe

    でインストーラが起動し、まだ一部文字化けはあるもののなんとかインストール、起動まではたどり着きました。

    以下のあたりも参考になりそうです。https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=118386

     


  • NanoPi NEO2セットアップ(Armbian編)

    投稿日 2018年 10月 13日 コメントはありません

    一旦は公式ディストリビューション?であるFriendlyCoreをインストールしたのですが、できるだけオープン系ということでArmbianをインストールし直しました。

    OSイメージは Armbian の NanoPi NEO2 のページから Armbiean Stretch をダウンロードしました。ダウンロードしたイメージファイルを展開して、USBイメージライタでMicroSDカードに書き込むのは同じです。

    書き込んだMicroSDカードをNanoPi NEO2に挿入します。ローカルPCで

    を電源投入前後で実行、増えたIPアドレスを調べます。(注:電源投入後の実行はしばらく待ってから行います)
    調べたIPアドレスに対して、

    として、パスワード「1234」でログインします。ログインすると、rootのパスワードの設定変更を求められ、引き続きユーザーアカウントの作成を求められますので、適当に作成します。作成完了後、そのまま、

    としてアップデートとavahi-daemonのインストール、カーネルバージョンアップ後の再起動を行います。以降は

    でリモートログインできます。リモートログイン後、

    として、Personalの項目内の Timezone、Locale、Hostname を適当に設定しておしまいです。


  • NanoPi NEO2セットアップ(FriendlyCore編)

    投稿日 2018年 10月 13日 コメントはありません

    何回やってるんだという感じのNanoPi NEO2のセットアップです。

    公式イメージが置いてある http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/NanoPi_NEO2#Boot_from_TF のリンク先の Google Drive のURL https://drive.google.com/drive/folders/1w7eMluHWo3ezwKBdaJcDUcCtM9qVaaVv から「nanopi-neo2_friendlycore-xenial_4.14.52_20180628.img.zip」をダウンロードしてきて、イメージを展開、USBイメージライタでMicroSDカードに書き込みます。書き込んだMicroSDカードをNanoPi NEO2に挿入します。ローカルPCで

    を電源投入前後で実行、増えたIPアドレスを調べます。(注:電源投入後の実行はしばらく待ってから行います)
    調べたIPアドレスに対して、

    として、パスワード「pi」でログインします。

    でセットアップ。パスワードの変更、ロケール(ja_JP.UTF-8)の追加、タイムゾーンの変更(Asia/Tokyo)して、再起動。
    再起動後、再度 ssh でログインして、

    完了すると、以降は

    でログインできるようになります。(ローカル側にも avahi-daemon が必要)


  • Raspberry Pi 3B+ でリモートデスクトップ環境

    投稿日 2018年 9月 30日 コメントはありません

    遅まきながらRaspberry Pi 3B+を手に入れた(というか手には入っていたのですが、開封していなかった)ので、リモートデスクトップ環境として立ち上げてみました。

    Raspberry Pi 3B+は初めからUSBメモリからブートできるようになっているので、今回はUSBメモリ起動とします。USBメモリには速度も速く、前モデルのUltraFit 3.0のように激熱にならないUltraFit 3.1の32GBを使うことにしました。

    ケースはThingiverseにある適当な(=ヒートシンクが取付可能で空気の流れがよさそうな)ケースのデザインを探して3Dプリンタで出力、CPU(SoC)とメモリとUSBハブ兼イーサネットコントローラには適当なヒートシンクを取り付けました。

    OSとしていつものようにRaspbian StretchのDesktop版をダウンロードして、Linux Mintに初めから入っているUSBイメージライタでUltraFit 3.1に書き込みます。書き込んだら、一旦取り出した後、再度取り付けて、マウントさせます。/bootディレクトリに touch コマンドで ssh という名前のファイルを作成したら、再び取り出して、今度はRaspberry Pi 3B+ に取り付けて電源投入します。

    数分したら、同じサブネットに接続したLinux Mintから

    として応答が帰ってくるのを待って、

    として接続します。ユーザー名は pi 、パスワードは raspberry です。ログインしたら、

    として設定を行います。

    • パスワードを変更
    • ロケールとして ja_JP.UTF-8を追加、デフォルトもja_JP.UTF-8に設定します。
    • タイムゾーンを Asia/Tokyo にセット
    • Wi-Fiの国設定を日本にセット

    完了したら、一旦

    として再起動しますが、Raspberry Pi 3B+ の場合は電源が切れてしまうようですので、一旦電源供給用のUSBケーブルを抜いて再挿入します。再起動したら、再度 ssh でログインしてから、

    として、アップデートとRDPサーバーをインストールします。一方でローカルPC側は Synaptic でリモートデスクトップクライアントの remmina をインストールします。(remminaとremmina-common、remmina-plugin-rdp、remmina-plugin-xdmcpおよびその依存パッケージ)
    完了したら、一旦再起動します。(必要かどうかはわかりませんが、とりあえず)

    ローカル側で Remmina を起動して、上のアドレスバーに raspberrypi.local(ホスト名を変更せず、同セグメントから接続する場合)またはIPアドレスを入力し、左側の「+」を押して、プロファイルの基本設定内の「色数」をHigh ColorかTrue Colorあたりに設定して、「Save as default」をクリックします。(設定しないとエラーになります)

    ・・・で、そのまま「接続」を押すと何故かエラーになりますが、アドレスバーに接続先のアドレスを入れてEnterを押すと、ログイン画面が出ますが、ログインしてもその後、Raspberry Piがリブートしてしまいます。

    おそらく、デスクトップ環境の何かが足りないからだろう、ということで、ssh でログイン後、

    として一旦 raspi-config を起動した後、Boot optionsで起動後デスクトップ環境にオートログインするように設定してから再起動して、しばらく(10分位でしょうかね)待った後、再び Console に戻します。(「Desktop / CLI」で「Desktop Autologin」に設定後、再起動してしばらく待って、「Console」に戻す)

    すると、Remmina でリモートデスクトップ接続するとGUIリモートデスクトップ環境に接続できました。(注:試行錯誤のなかで、tightvncserver をインストールしているので、ひょっとしたら必要かもしれません)

    危なそうなサイトに接続する場合には有効だと思うのですが、どうでしょうかね。


  • Raspbianをダウンロードしようとしたら・・・

    投稿日 2018年 7月 22日 コメントはありません

    公式サイトのダウンロードページから RASPBIAN STRETCH LITE のTorrentのリンクをクリックしたところ・・・

    ということで、負荷がいっぱいなので・・・ということで .torrent ファイルすらダウンロードできず。でも負荷を軽くするための torrent だと思うのですが、torrentでダウンロードするための .torrent がダウンロードできなかったら余計にサーバーに負荷が集中するような気がします。

    幸い、ミラーサイトが国内にありましたので、そちらからダウンロードしましたが・・・。

    http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

    で、ZIPファイル展開して、USBイメージライタでイメージを書き込んで、初めからSSHを有効化するために bootパーディション直下に ssh という名前で空ファイルを作ってから起動しました。(/boot/ssh ファイルを作らないと、一度ディスプレイ+キーボードを繋ぐか、シリアルコンソールを繋がないとSSHを有効化できないので・・・)