趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • LinuxMint19にLTSpiceをインストールしてみる(2)

    投稿日 2018年 10月 20日 コメントはありません

    どうも、wineの最新版は、WineHQを公式ページからインストールするのが良さそうです。ですので、まずsynapticでwineで検索して、wine1.6、wine32など、関連しそうなパッケージを削除した後、

    で不要と思われるパッケージを一掃して出直します。

    公式ページの記載に従って、

    とするのですが、最後のupdateで、

    E: リポジトリ https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/sudo bionic Release には Release ファイルがありません。
    N: このようなリポジトリから更新を安全に行うことができないので、デフォルトでは更新が無効になっています。
    N: リポジトリの作成とユーザ設定の詳細は、apt-secure(8) man ページを参照してください。

    となってエラーになってしまいます。うーん、ローカル側の感じがしないので、どうしたものか。
    後戻りしてしまいました。


  • LinuxMint19にLTSpiceをインストールしてみる(1)

    投稿日 2018年 10月 20日 コメントはありません

    【注意:Synapticに初めから出てくるのは古いバージョンの可能性があるので、wineとwine32を削除後、$ sudo apt-get autoremove とした後、現在違う方法でやり直しています。】

    ちょっと回路シミュレーションをしてみたくなったのですが、できればLinuxでやりたい。でも、GUIで簡単にやりたい。そして、今動かすならLTSpiceでしょう、というところなのですが、残念ながら、LTSpiceはWindowsとMacOS X用しか用意されていない。・・・となれば、Wineでトライしてみます。

    いつものようにSynapticパッケージマネージャを起動、「Wine」で検索するとでてくる「wine1.6」を選択して依存パッケージとともにインストールします。

    引き続き、LTSpiceのWindows版をダウンロードして、ダウンロードしたファイルに実行属性を付けます。

    引き続き、Wineで実行してみます。

    ということで、エラーになってしまいました。LTSpiceが32bit版のためのようです。

    として大量のライブラリをインストールしてから、改めてトライしてみます。

    とすると、しばらく沈黙したあと、以下のようなインストーラのウインドウが表示されるのだが、

    ご覧の通り、文字化けしている。検索するとよくある現象の模様。
    こちらのページを見ると、winetricksというツールで解消できる模様。

    で起動して、「Select the default wineprefix」⇒「Install a font」⇒「cjkfonts」であとは従っていくとインストールできる。途中、警告がいくつか出るが、実行中のWineプログラムが終了されるというもののようなので、はじめから何も実行していなければそのままOKでよいはず。

    $ wine LTspiceXVII.exe

    でインストーラが起動し、まだ一部文字化けはあるもののなんとかインストール、起動まではたどり着きました。

    以下のあたりも参考になりそうです。https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=118386

     


  • NanoPi NEO2セットアップ(Armbian編)

    投稿日 2018年 10月 13日 コメントはありません

    一旦は公式ディストリビューション?であるFriendlyCoreをインストールしたのですが、できるだけオープン系ということでArmbianをインストールし直しました。

    OSイメージは Armbian の NanoPi NEO2 のページから Armbiean Stretch をダウンロードしました。ダウンロードしたイメージファイルを展開して、USBイメージライタでMicroSDカードに書き込むのは同じです。

    書き込んだMicroSDカードをNanoPi NEO2に挿入します。ローカルPCで

    を電源投入前後で実行、増えたIPアドレスを調べます。(注:電源投入後の実行はしばらく待ってから行います)
    調べたIPアドレスに対して、

    として、パスワード「1234」でログインします。ログインすると、rootのパスワードの設定変更を求められ、引き続きユーザーアカウントの作成を求められますので、適当に作成します。作成完了後、そのまま、

    としてアップデートとavahi-daemonのインストール、カーネルバージョンアップ後の再起動を行います。以降は

    でリモートログインできます。リモートログイン後、

    として、Personalの項目内の Timezone、Locale、Hostname を適当に設定しておしまいです。


  • NanoPi NEO2セットアップ(FriendlyCore編)

    投稿日 2018年 10月 13日 コメントはありません

    何回やってるんだという感じのNanoPi NEO2のセットアップです。

    公式イメージが置いてある http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/NanoPi_NEO2#Boot_from_TF のリンク先の Google Drive のURL https://drive.google.com/drive/folders/1w7eMluHWo3ezwKBdaJcDUcCtM9qVaaVv から「nanopi-neo2_friendlycore-xenial_4.14.52_20180628.img.zip」をダウンロードしてきて、イメージを展開、USBイメージライタでMicroSDカードに書き込みます。書き込んだMicroSDカードをNanoPi NEO2に挿入します。ローカルPCで

    を電源投入前後で実行、増えたIPアドレスを調べます。(注:電源投入後の実行はしばらく待ってから行います)
    調べたIPアドレスに対して、

    として、パスワード「pi」でログインします。

    でセットアップ。パスワードの変更、ロケール(ja_JP.UTF-8)の追加、タイムゾーンの変更(Asia/Tokyo)して、再起動。
    再起動後、再度 ssh でログインして、

    完了すると、以降は

    でログインできるようになります。(ローカル側にも avahi-daemon が必要)


  • Raspberry Pi 3B+ でリモートデスクトップ環境

    投稿日 2018年 9月 30日 コメントはありません

    遅まきながらRaspberry Pi 3B+を手に入れた(というか手には入っていたのですが、開封していなかった)ので、リモートデスクトップ環境として立ち上げてみました。

    Raspberry Pi 3B+は初めからUSBメモリからブートできるようになっているので、今回はUSBメモリ起動とします。USBメモリには速度も速く、前モデルのUltraFit 3.0のように激熱にならないUltraFit 3.1の32GBを使うことにしました。

    ケースはThingiverseにある適当な(=ヒートシンクが取付可能で空気の流れがよさそうな)ケースのデザインを探して3Dプリンタで出力、CPU(SoC)とメモリとUSBハブ兼イーサネットコントローラには適当なヒートシンクを取り付けました。

    OSとしていつものようにRaspbian StretchのDesktop版をダウンロードして、Linux Mintに初めから入っているUSBイメージライタでUltraFit 3.1に書き込みます。書き込んだら、一旦取り出した後、再度取り付けて、マウントさせます。/bootディレクトリに touch コマンドで ssh という名前のファイルを作成したら、再び取り出して、今度はRaspberry Pi 3B+ に取り付けて電源投入します。

    数分したら、同じサブネットに接続したLinux Mintから

    として応答が帰ってくるのを待って、

    として接続します。ユーザー名は pi 、パスワードは raspberry です。ログインしたら、

    として設定を行います。

    • パスワードを変更
    • ロケールとして ja_JP.UTF-8を追加、デフォルトもja_JP.UTF-8に設定します。
    • タイムゾーンを Asia/Tokyo にセット
    • Wi-Fiの国設定を日本にセット

    完了したら、一旦

    として再起動しますが、Raspberry Pi 3B+ の場合は電源が切れてしまうようですので、一旦電源供給用のUSBケーブルを抜いて再挿入します。再起動したら、再度 ssh でログインしてから、

    として、アップデートとRDPサーバーをインストールします。一方でローカルPC側は Synaptic でリモートデスクトップクライアントの remmina をインストールします。(remminaとremmina-common、remmina-plugin-rdp、remmina-plugin-xdmcpおよびその依存パッケージ)
    完了したら、一旦再起動します。(必要かどうかはわかりませんが、とりあえず)

    ローカル側で Remmina を起動して、上のアドレスバーに raspberrypi.local(ホスト名を変更せず、同セグメントから接続する場合)またはIPアドレスを入力し、左側の「+」を押して、プロファイルの基本設定内の「色数」をHigh ColorかTrue Colorあたりに設定して、「Save as default」をクリックします。(設定しないとエラーになります)

    ・・・で、そのまま「接続」を押すと何故かエラーになりますが、アドレスバーに接続先のアドレスを入れてEnterを押すと、ログイン画面が出ますが、ログインしてもその後、Raspberry Piがリブートしてしまいます。

    おそらく、デスクトップ環境の何かが足りないからだろう、ということで、ssh でログイン後、

    として一旦 raspi-config を起動した後、Boot optionsで起動後デスクトップ環境にオートログインするように設定してから再起動して、しばらく(10分位でしょうかね)待った後、再び Console に戻します。(「Desktop / CLI」で「Desktop Autologin」に設定後、再起動してしばらく待って、「Console」に戻す)

    すると、Remmina でリモートデスクトップ接続するとGUIリモートデスクトップ環境に接続できました。(注:試行錯誤のなかで、tightvncserver をインストールしているので、ひょっとしたら必要かもしれません)

    危なそうなサイトに接続する場合には有効だと思うのですが、どうでしょうかね。


  • Raspbianをダウンロードしようとしたら・・・

    投稿日 2018年 7月 22日 コメントはありません

    公式サイトのダウンロードページから RASPBIAN STRETCH LITE のTorrentのリンクをクリックしたところ・・・

    ということで、負荷がいっぱいなので・・・ということで .torrent ファイルすらダウンロードできず。でも負荷を軽くするための torrent だと思うのですが、torrentでダウンロードするための .torrent がダウンロードできなかったら余計にサーバーに負荷が集中するような気がします。

    幸い、ミラーサイトが国内にありましたので、そちらからダウンロードしましたが・・・。

    http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

    で、ZIPファイル展開して、USBイメージライタでイメージを書き込んで、初めからSSHを有効化するために bootパーディション直下に ssh という名前で空ファイルを作ってから起動しました。(/boot/ssh ファイルを作らないと、一度ディスプレイ+キーボードを繋ぐか、シリアルコンソールを繋がないとSSHを有効化できないので・・・)


  • NanoPi NEO2のNASキットを動かしてみました

    投稿日 2017年 11月 28日 5個のコメント

    秋月で NanoPi NEO/NEO2 用のNASキットが売っていたので、買ってみました。

    秋月の説明書きにはヒートシンクが同梱されているとは書いてない(写真には写っていますが・・・)ので、思わずヒートシンクも余計に買ってしまいましたが、これから買う方はキットにヒートシンクが同梱されているので気をつけて下さい。

    このNASキット以外に、

    • NanoPi-NEO2 (または NanoPi-NEO)
    • 2.5インチのHDDまたはSDD(まずは余り物の160GBをつけてみました)
    • CR2032コイン型リチウム電池
    • 起動用のMicroSDカード(手持ちの16GBを使いました)
    • 12VのACアダプタ(秋月で標準的なDCプラグがついているもの)

    の準備が必要です。

    組み立てにあたっては、

    • ハンダゴテ一式(NanoPi-NEO2の端子はハンダ付けが必要)
    • プラスドライバ(たぶん+1のもの)

    も必要です。

    とりあえず、端子をハンダ付けしました。ランド径が小さいので、ハンダ付けしにくいです。

    この状態で、別のNanoPi-NEO2 から持ってきた MicroSD カードを挿して Ubuntu-Core で起動して ssh でログイン、適当に /dev/sda1 を mount してやると、中身を見ることができましたので、動作は問題ないようです。

    ヒートシンクを付けてみました。

    この後、Official ROMのイメージを

    https://www.mediafire.com/folder/ah4i6w029912b/NanoPi-NEO2

    の下の Official ROMs から nanopi-neo2_debian-nas-jessie_4.11.2_20171103.img.zip をダウンロードして、これを展開、USBイメージライタでMicroSDに書き込んで電源投入します。

    ブラウザで、 http://friendlyelec.local/ にアクセスすると、

    として画面が出ました。

    ユーザー名: admin
    パスワード: openmediavault

    でログインすることができました。

    とりあえず、

    • Web管理者パスワードの設定
    • タイムゾーンの設定、NTPの有効化
    • ホスト名を NanoPi-NAS に変更
    • アップデートの確認&インストール
    • ディスクのワイプ、ファイルシステム作成
    • ユーザーの作成

    をしてみました。

    この後、プラグインを見てみると、「openmediavault-flashmemory」というのがあり、これを使うと MicroSD への書き込みを減らせるようです。・・・が、インストールを試みたところエラーになりました・・・。

    あと、デフォルトで root での ssh ログインが有効になっています

    $ ssh root@nanopi-nas.local (変更していない場合はfriendlyelec.local)
    root@nanopi-nas.local’s password: (デフォルトパスワードは fa )
    root@nanopi-nas:~# passwd
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    root@nanopi-nas:~# passwd pi
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    root@nanopi-nas:~# passwd fa
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    root@nanopi-nas:~#

    として、ログインパスワードは変更しておく必要があります。(もしくは、SSHを無効化したほうがよいかも)

    ・・・と思ったのですが、/etc/ssh/sshd_config の AllowGroups の項目には root と ssh しかいないので、実際にログインできるのは root だけのようです。


  • NanoPi NEO2でタイムラプス撮影

    投稿日 2017年 11月 27日 コメントはありません

    部屋を掃除していたらELECOMのWebカメラが出てきました。LinuxMintのマシンに挿してみたところ uvc カメラとして認識するようでしたので、NanoPi NEO2に挿してみたらこちらも認識しました。

    なので、TimeLapse撮影ができないか、試してみました。
    ググると Ubuntu でTimeLapseをやっている方は結構いるようで、基本的にはそちらに倣ってやってみました。

    基本、NanoPi NEO2に合わせている以外はこちらのページのパクリです。

    1.カメラ画像の連続キャプチャ

    1枚単位での撮影には fswebcam を使うのが簡単なようです。

    でインストールできます。で、連続撮影する場合には、1枚キャプチャするシェルスクリプトを書いて、cron で所定の時間毎に1枚キャプチャ、というのが簡単なようなのですが、NanoPi-NEO2のUbuntu-coreではcronはユーザーに開放されてないっぽいです。crontab -eとしても編集できないですし、ググってもシェルスクリプト内でループしてsleepで時間待ちせよ、みたいなことが書いてあります。

    結局、以下のようなシェルスクリプトで連続撮影します。ファイル名は TimeLapse.sh として、ホームディレクトリの下に CaptureImage というディレクトリを作って、そこに置きました。

    作成したスクリプトに実行権限を付けてやります。

    で、実行すると、ザクザクと画像が溜まっていきます。

    2.キャプチャした静止画の引取の準備

    動画への変換はホスト側でやります。

    ホスト側で

    として、sshfsでnanopi側のホームディレクトリをローカルディレクトリにマウントして、これで引き取ります。
    (今考えれば、sshfsでマウントしなくても scp でも良かった・・・)

    3.画像の変換の準備

    ローカル側でffmpegで変換しますが、motionをインストールするほうが楽だという情報があったので、そうしました。

    4.画像の引取と変換

    以下の手順で画像の引取と変換を行います。

    これで TimeLapse ができましたが、静止画の保存サイズが大きいようです。
    1分間で3〜4MB出力しているようなので、1週間で40GBくらいになってしまいます。ちょっと要対策ですね。


  • NanoPi NEO2のデバッグシリアルに苦労した話

    投稿日 2017年 11月 8日 コメントはありません

    Gigabit Ethernet環境でtcpdumpをひたすら放置で動かしておきたくて、NanoPi NEO2に手を出してました。

    ファイルシステムのイメージファイルは違いますが、NanoPi NEOと同じ手順で環境構築できて、一度はシリアルコンソールが動いているUART0(デバッグシリアル)も動いていたのですが、しばらくシリアルコンソール無しで運用した後、再びシリアルコンソール経由で操作をしたくなった時に苦労しました。

    公式サイトにある端子説明がこちらで、実物を半田面から写真を取ったのが以下です。

    わかりますでしょうか??

    実は写真に写っているNanoPi-NEO2の実物のデバッグシリアルの端子表記は間違っているので、シルク印刷の端子表記を信用すると動かない、という罠に陥ります。本当は、写真の上から、GND、5V、TX、RXの順で逆順になっています。

    ・・・ということで、最初に動かした時は公式サイトの端子説明をみて配線したので無事動いたのですが、今日改めて動かそうとした時には基板のシルク印刷をみて動かそうとしたので、動かなかった、というオチでした。悩んだ数時間を返してくれ、という感じです。


  • ROCK64/4GBを買ってみた

    投稿日 2017年 10月 9日 2個のコメント

    秋月にROCK64が売られていたので買ってみました。ROCK64はRaspberry Piと似たような形状のボードコンピュータですが、ギガビットイーサネットとUSB3.0を搭載し、搭載RAM容量別に3モデルあって、この手のボードとしては大容量の4GBのRAMが搭載されているモデルがあるので手を出してみました。秋月のページでは電源供給には何やら工作しないと電源供給できないような面倒くさいことが書いてありますが、秋月で売っている内径2.1mmの5V3A出力のACアダプタと、2.1mmメス⇔1.3mmオスの変換プラグ(たぶんこれ)で基板上のDCジャックから電源供給できました。

    次に、ソフトウェアというか、Linuxのイメージですが、こちらに掲載されているものをいくつか試してみましたが、まだどれも今ひとつな感じです。UARTコンソール経由で制御したかったのですが、シリアルコンソールは通信パラメータがわかりません。速度をいろいろ変えても、ubootも正しく表示できないです。(オシロスコープで直接見れば良いのですが・・・)
    また、USB HUBを噛ませているからかもしれないですが、USBキーボードとUSBマウスで入力しようとすると、時々キーイベント(キー押下、キー放す)を取りこぼすようです。

    もうしばらくいろいろいじってみる必要がありそうです。