Ubuntuその後(ウイルススキャンソフト AVG)

Ubuntu10.04によるLinux環境は、非常に快適。
ウイルススキャンソフトとして、AVG8.5をインストール。
ダウンロード先をクリックすると、インストーラ(Gdebi Packageインストーラ)で開くか聞いてくるので、そのまま開くだけ。
ただ、動作はコンソールから実行しなければならないようです。

% sudo avgctl --start
% sudo avgupdate
% sudo avgscan /

って感じです。

~~~後日談~~~
使っていると、AVGがメモリを食い潰して、Out Of Memory を起こしてしまいます。
結局、アンインストールして、KlamAVを入れています。(9/27記)

Ubuntu10.04をインストール

vmwareにインストールしたUbuntuが調子がよかったので、調子に乗って眠っていたAtomマシンにUbuntu10.04の日本語Remix版をインストールしてみました。
インストールはあっ・・・という間に終了、見事に立ち上がりました。
ついで、firefox の plug-ins のフォルダに FLASH のプラグインをコピー。

・・なんと簡単になってしまったことでしょう・・・。

ubuntuのインストール

CentOSで引っかかってしまったので、安直にUbuntuでやってみることにしました。
当面、デスクトップ環境だけでいいしね。
OS自体のインストールとしては、超手抜きなことに、ubuntu-8.04 LTS版の vmware イメージを持ってきてしまいました。
もってきて、

#apt-get update
#apt-get upgrade

でおしまい。それで firefoxも 3.6.6 が入ってるし、らくちんこの上なし。
Flashのプラグインは、adobeのサイトに行って、指示されるままにインストールしようとしたけど駄目でした。結局、tar.gz を持ってきて、展開して共有ライブラリ(libflashplayer.so)を firefox の plug-ins のディレクトリの下に置いたら Flash も動くようになりました。
昔に比べたら楽チンですね。