趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • Raspberry Pi 3B+ でリモートデスクトップ環境

    投稿日 2018年 9月 30日 コメントはありません

    遅まきながらRaspberry Pi 3B+を手に入れた(というか手には入っていたのですが、開封していなかった)ので、リモートデスクトップ環境として立ち上げてみました。

    Raspberry Pi 3B+は初めからUSBメモリからブートできるようになっているので、今回はUSBメモリ起動とします。USBメモリには速度も速く、前モデルのUltraFit 3.0のように激熱にならないUltraFit 3.1の32GBを使うことにしました。

    ケースはThingiverseにある適当な(=ヒートシンクが取付可能で空気の流れがよさそうな)ケースのデザインを探して3Dプリンタで出力、CPU(SoC)とメモリとUSBハブ兼イーサネットコントローラには適当なヒートシンクを取り付けました。

    OSとしていつものようにRaspbian StretchのDesktop版をダウンロードして、Linux Mintに初めから入っているUSBイメージライタでUltraFit 3.1に書き込みます。書き込んだら、一旦取り出した後、再度取り付けて、マウントさせます。/bootディレクトリに touch コマンドで ssh という名前のファイルを作成したら、再び取り出して、今度はRaspberry Pi 3B+ に取り付けて電源投入します。

    数分したら、同じサブネットに接続したLinux Mintから

    として応答が帰ってくるのを待って、

    として接続します。ユーザー名は pi 、パスワードは raspberry です。ログインしたら、

    として設定を行います。

    • パスワードを変更
    • ロケールとして ja_JP.UTF-8を追加、デフォルトもja_JP.UTF-8に設定します。
    • タイムゾーンを Asia/Tokyo にセット
    • Wi-Fiの国設定を日本にセット

    完了したら、一旦

    として再起動しますが、Raspberry Pi 3B+ の場合は電源が切れてしまうようですので、一旦電源供給用のUSBケーブルを抜いて再挿入します。再起動したら、再度 ssh でログインしてから、

    として、アップデートとRDPサーバーをインストールします。一方でローカルPC側は Synaptic でリモートデスクトップクライアントの remmina をインストールします。(remminaとremmina-common、remmina-plugin-rdp、remmina-plugin-xdmcpおよびその依存パッケージ)
    完了したら、一旦再起動します。(必要かどうかはわかりませんが、とりあえず)

    ローカル側で Remmina を起動して、上のアドレスバーに raspberrypi.local(ホスト名を変更せず、同セグメントから接続する場合)またはIPアドレスを入力し、左側の「+」を押して、プロファイルの基本設定内の「色数」をHigh ColorかTrue Colorあたりに設定して、「Save as default」をクリックします。(設定しないとエラーになります)

    ・・・で、そのまま「接続」を押すと何故かエラーになりますが、アドレスバーに接続先のアドレスを入れてEnterを押すと、ログイン画面が出ますが、ログインしてもその後、Raspberry Piがリブートしてしまいます。

    おそらく、デスクトップ環境の何かが足りないからだろう、ということで、ssh でログイン後、

    として一旦 raspi-config を起動した後、Boot optionsで起動後デスクトップ環境にオートログインするように設定してから再起動して、しばらく(10分位でしょうかね)待った後、再び Console に戻します。(「Desktop / CLI」で「Desktop Autologin」に設定後、再起動してしばらく待って、「Console」に戻す)

    すると、Remmina でリモートデスクトップ接続するとGUIリモートデスクトップ環境に接続できました。(注:試行錯誤のなかで、tightvncserver をインストールしているので、ひょっとしたら必要かもしれません)

    危なそうなサイトに接続する場合には有効だと思うのですが、どうでしょうかね。


  • 3Dプリンタ購入しました

    投稿日 2018年 9月 27日 コメントはありません

    ずーっと前から欲しかったのですが、ついに3Dプリンタを購入しました。

    初めての購入なので、機種の選定にあたって重視したのは、

    • 進化が早く、すぐに陳腐化する分野なので、価格が高くないこと。つまり、普及価格帯の製品を必要に応じて買い替えていく考え方です。
    • 置き場所が狭いので、設置スペース(および組み立てに要するスペース)が小さいこと
    • メンテナンスが十分自力でできそうな機種であること
    • 消耗品(フィラメント)は汎用品が使えること。ランニングコストが安くないと気軽に出力できないので。
    • 普及価格帯の製品を選ぶとはいえ、それなりの出力品質はありそうなこと。
    • 基本の素材であるPLAだけではなく、ABSやTPU(柔らかい素材ですね)も出力できること

    という欲張りな要望を持っていたので、なかなか導入できずにいました。

    この1年くらい、ずっと機種の選定をしてきたのですが、まず価格・メンテナンス・消耗品の条件から完成品の3Dプリンタは除外です。具体的な機種選定にあたってはRCLifeOnさんNaomi ’SexyCyborg’ Wuさんがいろんな安価な3DプリンタのレビューをYouTubeに投稿されているのを参考にしました。(Naomiさん、才色兼備ですね・・・)

    最終的に選定したのはCreality Ender 3という3Dプリンタで、以下の2つのYouTubeでのレビューを決め手にしました。(他のレビューでも高評価なものがほとんどだったのもあります)


    Naomi WuさんはEnder 3の製造メーカーであるCrealityへの取材もされていて、工場の様子もわかります。

    Ender 3 はここで取材している CR-10 の各軸のサイズを短縮して小型化した構造に見えます。基本設計を踏襲して小型化すると剛性が上がる方向になりますので、出力品質も良くなる方向が期待できます。

    GEARBESTから海外通販で買えば今ならFlash Saleをやっているので20000円強(送料込み)で購入できるのですが、やはり輸送時のトラブル等を考えると日本の代理店から購入するほうが安心なのでAmazonから25900円で購入しました。物が来て気づいたのですが、Crealityブランドではなく、代理店のSainSmartブランドとなっていました。(起動画面にもSainSmartと出るなど、ビジュアルの細かいところで差があるようです)

    で、設置台として併せて、アイリスオーヤマのメタルラックのレンジ台を購入しました。ただ、台の上の高さが足りないので、ポールを延長して使うつもりで購入したのですが、なんとアイリスオーヤマのメタルラックはポールの上端にタップ(ネジ溝)が切られておらず、強度のある延長が普通の方法ではできません。専用の延長ポールがあるのですが、無理やり延長しているようでレビューも散々です。仕方がないので、長いポールは分割して梱包されているとのことなので136cmのポールを2本追加で購入して、もとのレンジ台の下の部分と、追加購入したポールの上の部分を継いで伸ばしました。(真ん中の両端が雄ねじ/雌ねじになっているポールだけ売ってくれればいいのに、と思うのですが)

    で、組み立て完了すると以下のような感じです。

    組み立てにあたって少し嵌ったのが、Z軸の原点スイッチ(写真で言うと、左側の垂直の柱の根本についているマイクロスイッチ)の取り付けです。説明資料では、水平の柱から32mmのところに原点スイッチのユニットの下端が来るように取り付けろ、と書いてあるのですが、その位置には原点スイッチは取り付けられません。(原点スイッチのユニットの突起が水平の柱と干渉します)
    どうも、原点スイッチのユニットは改良されているようで、その突起を水平の柱に突き当てるように取り付ければOKです。ただし、そのまま電源ONすると初期動作の際にヒートベッドとノズルが激突するので、ヒートベッドの下にある4つの調整ダイヤルを回して、ヒートベッドを調整位置の一番下に来るようにしておく必要があります。(それでも初回の電源投入する前にぶつからないか手で移動させて確認しておくべきです)

    3次元モデルのデータファイルであるSTLファイルを3Dプリンタで出力するのに使うGコードのファイルに変換するツールはCuraがMicroSDに入っていましたが、自分はUltimakerのサイトから最新版の3.4.1のLinux版をダウンロードしました。Linux版はAppImageという形式で配布されているのですが、これを実行する場合には単に実行権限を付けて、実行するだけで起動しました。

    Curaの初期設定でプリンタを追加するのですが Ender 3 は選択肢になく、添付のMicroSDに入っている Quick Start Guide に記載のあるように、プリンタとしては CR-10 を選択して、Machine Setting でX、Y、Zの値をそれぞれ220mm、220mm、250mmに書き換えます。

    早速、ThingiverseからダウンロードしたSTLファイルを変換、出力してみました。

    初めて出力したわりには非常に満足の行く結果となりました。

    これからいろいろ試していきたいと思います。


  • FreeCADを使ってみた

    投稿日 2016年 8月 13日 コメントはありません

    Wings 3Dに引き続き3Dデータの作成に挑戦するため、やはりSynapticでLinuxMint 18 x64の環境にインストールできるFreeCADを試してみました。

    試行錯誤しながら動かしていたのですが、自分のように他の人が3DCADを使っているところを見たことがあれば、こちらの紹介記事をみながら何とか使えそうな感じです。操作で最もわからなかったのが、視点の変更。平行移動がマウスの中ボタン(スクロールホイール)を押しながらマウス移動、回転させるのが中ボタン+左ボダンを押しながらマウス移動ということです。

    で、あれこれしながら作ってみたデータはこんな感じ。

    sample1

    何かの基板を入れるようなケースを意図して作ってみたのがこんな感じ。

    sample2

    データ作成にあたっては、各オブジェクトの位置(穴や凹みは引き算で作ってますので、引くためのオブジェクトも含む)の座標や大きさなどを数値で打ち込んで行くイメージになりそうな感じです。なので、ラフスケッチのイメージを作っておいてから作業着手するのが良さそうです。3Dプリンタで簡単なものを作ったり、KiCAD用の3Dモデルを作る程度であれば、自分でも何とか使えそうです。(KiCADに持っていく方法やピンを作る方法は別途考えないといけないですが・・・)

    他に少し古いバージョンを対象に書かれているようですが、こちらのサイトも参考になりそうです。


  • Wings3Dを使ってみた

    投稿日 2016年 8月 10日 コメントはありません

    久しぶりにKiCADを使って設計をしているのですが、出来上がりのイメージを高めるwには、やはりライブラリに3Dデータが欲しくなります。

    で、無料で3Dプリンタ用データを作れるフリー3Dソフト一覧というページを参考にしてLinuxで使えるツールの中から、SynapticでインストールできるWings 3Dを試してみました。

    オープンソースであることと、UIがシンプルで初めての人にも使いやすい、ということが特徴のようです。

    で、早速Synapticからインストールして試してみました。

    Wings3D

    基本の図形を並べて変形させていくような感じの操作方法で、精密なデータを作るのは多少しんどいかもしれないのですが、作ったデータはKiCADで使うデータは基板製造用のガーバーデータには関係ないですし、雰囲気がわかればいいのでまずまずの印象でした。

    ・・・が、本番のデータ作成にトライしてみようと、そこまで試しに作成してみた形状を保存しておこうとしたところ、

    Wings3DError

    となって保存できませんorz。

    うーむ・・・。

     


  • いろいろな3Dプリンタ

    投稿日 2013年 3月 9日 コメントはありません

    3Dプリンタで砂型をつくって鋳造を行う技術



    金属粉を直接焼結して金属部品を作る技術



    いろんなものが3Dで直接出力されているのですね。


  • パラレルリンク機構を使った3Dプリンタ

    投稿日 2012年 7月 15日 コメントはありません

    Hack a Day をみていたら パラレルリンク機構を使った3Dプリンタの動画がアップされていました。

    XYZ座標を使う機構に比べて、シンプルで大きなものを作れそうです。しかも、デモ動画のリンク機構は非常に高速かつ安定感があります。(パラレルリンクロボットの特徴ですが)

    3Dプリンタにパラレルリンクを使うアイデアは面白いなと思いました。

    Web散策中に見つけたもの:

     


  • 3Dプリントサービス(続編)

    投稿日 2012年 4月 15日 コメントはありません

    昨日色々調べていた3Dプリントサービスですが、RPサービスとも言うようです。RPはRapid Prototypingの略のようです。

    (1)個人(ホビー)向け

    (2)企業向け(順番は見つけた順・・・検索キーワード依存とも言う)

    企業向けといっても、フィギュア製作販売みたいな人たちもターゲットになっているような感じです。大手企業しか相手にしないような感じがするところはそもそも見てません。

    (3)その他の参考記事


  • 3Dプリントサービス

    投稿日 2012年 4月 14日 コメントはありません

    FusionPCBで基板を発注したSeeedStudio.comを色々見ていたら、Open Geiger Projectというオープンハードウェアでガイガーカウンタを開発して世に出そう、というプロジェクトに出会いました。

    その中でケースの製作でShapewaysという3Dプリントサービスを使っている記事がありました。

    電子工作においてケースの製作は非常に面倒な作業の一つなので興味をもったので、3Dプリントサービスについて調べてみました。

    Shapewaysを含めて3Dプリントサービスはこんなのがあるようです。

    Shapewaysの中の「Easy Creaters」というページの中に「Community Creators」というリンクがあって、その中の「TinkerCad」というリンクを辿ると、誰かが作った3Dモデルのデザインが色々並んでいて、「Print 3D」というボタンを押すとプリントサービスにかけられるみたいなのですが、その中で選べるプリントサービスです。(きっと他にもそういうのがあるんだと思いますが、一例としてメモ)

    当然、3Dとなるとソフトウェアが必要になるのですが、

    • trueSpace(マイクロソフトが無償提供しているらしい・・・・と思ったら、すでにマイクロソフトから切り捨てられているらしい・・・・)
    • Google SketchUp
    • Sculptris(フリーソフト?プロプラソフト?)

    といったものがあるようです。(これらがShapeWaysで使えるかどうかまでは調べていませんが・・・)
    また、オープンソースの3D CADという視点で見てみると、FreeCADというのが結構引っかかります。(FreeCADはマルチプラットフォームのようです)

    プリント基板製造を個人で気楽に頼めるのもすごいと思いましたが、3Dプリントも手軽になってきているんですね。世の中いろいろ進んでいるようです。もうちょっと調べてみたいと思います。

    #FusionPCBの基板の方は製造にかかったようです。