PICライター

部屋を整理していたところ古いPICライターが出てきたので、紹介します。

見ての通り、エレキジャック誌No.2に付属していたPICライターです。Writer509というタイプとJDMライターというフリー(?)のライターのどちらにでもなる、という基板だったと思います。PICは「もっとも多いアプリケーションはPICライターである」とか揶揄されることがあるくらいフリーのライターがたくさんあります。

しかし、これを組み立てた直後に microchip Direct でキャンペーンかなにかをやっていたのを見かけてPICKit2 Debug Expressを購入してしまいました。そのため、実際に書き込みに使う機会はありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)