Ubuntuで802.11nを動かす(4)Gufwの導入

よくみるとわけのわからないタイトルだった前回ですが、気を取り直して(?)Ubuntuに戻ります。

IPv4プライベートアドレスの元でも、IPv6の導入によって(たぶん)外界に晒されることになるのでFireWallくらいは設定しておくことにします。

調べると、UbuntuではGufwというのが定番なようなので、これを導入します。導入にあたっては、「Gufw Ubuntuのファイアウォールで外部からのアクセスを拒否する」のページを参考にさせていただきました。

  1. 例によって、Synapticパッケージマネージャで検索すると、一発で見つかりますので、インストールします。
  2. インストールが完了すると、「システム」→「システム管理」→「ファイアウォールの設定」で設定を確認できるようになります。初回起動時は、
    となっていて、動作していません。
  3. そこで、「□ 動作中」にチェックを入れると、となって動作を開始します。デスクトップ環境なので、とりあえず設定はこれだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)