WordPressのインストール

次にWordPressをインストールします。

0.DNSの仮設定

DNSサーバのAレコードに移行テストに使用するサブドメインのレコードを追加します。
ここではfoobar.domainnameとします。

1.Webサイト管理ユーザーの作成

ここではユーザー名を foobar とします。

# useradd -m foobar
# passwd foobar

2.公開ディレクトリの作成・設定

# chmod 711 /home/foobar
# mkdir -p /home/foobar/public_html
# chown foobar:foobar /home/foobar/
# chown foobar:foobar /home/foobar/public_html/

3.バーチャルホストの設定

/etc/httpd/conf/httpd.conf の最後に以下の内容を書き加えます。

最初に書いてある VirtualHostがデフォルトでアクセスされますので、最初に /var/www/html へのアクセスを記述します。その後に追加する VirtualHost に関する記述を追加します。

参考:http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/vhosts/examples.html

4.MySQL一般ユーザーの作成

以下の手順で一般ユーザーを作成します

# mysql -u root -p
Enter password: 
  :
  :
mysql> CREATE USER foobar IDENTIFIED BY 'xxxxxxxxxxxxxxxx';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> GRANT USAGE ON * . * TO foobar IDENTIFIED BY 'xxxxxxxxxxxxxxx' WITH MAX_QUERIES_PER_HOUR 0 MAX_CONNECTIONS_PER_HOUR 0 MAX_UPDATES_PER_HOUR 0 MAX_USER_CONNECTIONS 0 ;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON * . * TO foobar ;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> FLUSH PRIVILEGES ;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye
#

5.データベースの作成

作成したユーザーでログインしてデータベースを作成します

# mysql -u foobar -p
Enter password: 
mysql> CREATE DATABASE `foobar_wordpress` DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;

6.WordPressのスクリプトを設置

# cd /home/foobar/public_html/
# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.4.1-ja.zip
# unzip wordpress-3.4.1-ja.zip
# rm wordpress-3.4.1-ja.zip
# chown -R apache:apache /home/foobar/public_html/wordpress/

これで/home/foobar/public_html/foobar/にWordPressのスクリプトファイルが設置できているはずです。

7.WordPressのインストール

ブラウザで http://foobar.domainname/ にアクセスするとインストーラがスタートするので、指示に従って進めます。
データベースの接頭辞は移行元と同じ『foobar_』にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)