趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • Nexus7(2012)のファームウェアをLoliPopにアップデート

    投稿日 2016年 5月 21日 コメントはありません

    手元にあるNexu7(2012/3Gモデル)をAndroid 5.1.1(LoliPop)にアップデートしてみます。
    手順はFactory Images for Nexus Devicesに書かれているとおりです。下の方の使用条件に同意してチェックすると具体的なイメージやアップデートの方法が表示されます。

    下記にLinuxMint17(64bit)での手順を記載しておきます。言うまでもないことですが、ファームアップデートは自己責任で。

    1)ツールのインストール

    2)Android端末を開発者モードに変更する

    Android4.4.4ではUSBでPCに接続しても、PC側では認識されません。現在入っている
    設定→タブレット情報をタップして、タブレット情報を表示させ、ビルド番号を連打すると「開発者モードになりました」という表示がされ、設定メニューの中に「開発者向けオプション」が現れます。開発者向けオプションの中の「USBデバッグ」にチェックを入れてからPCに接続します。

    3)Android端末のUSBデバイスIDを確認する

    この場合、最初の18d1:d002がNexus7(2012)デバイスIDです。(18d1がベンダID、d002がデバイスID)

    4)udevルールを作成

    内容はこんな感じ

    5)パーミッションを変更して、udevを再起動

    6)イメージのダウンロードと検証

    以降は、公式サイトの手順の「Flashing instruction」に沿って進めていきます。

    まずはイメージのダウンロードと検証です。適当なディレクトリにイメージをダウンロードして、

    $ md5sum nakasig-lmy47v-factory-b2d44613.tgz
    c30e5d3bd7cef9edde38ce58bf741857 nakasig-lmy47v-factory-b2d44613.tgz

    としてファイルの正当性をチェックします。正しいファイルがダウンロードできたら、展開しておきます。

    7)イメージの書き込み

    Nexus7をPCに接続して、ターミナルから

    でリブートさせます。初回はNexus側にUSBデバッグを許可するか表示されますので、「常に許可する」のチェックボックスにチェックを入れてOKを押します。
    Nexus側にブートローダの画面が表示されますので、

    として、ブートローダをアンロックします。自分の場合は、以前5.0.2から4.4.4に戻した際にアンロックしてありましたので、上記のように「already unlocked」となりました。

    引き続きファームウェアアップデートに入ります。当然ですが、端末に保存されている情報はすべて消えてしまいますので、十分注意してください。また、不慮の事故等で端末が文鎮化するかもしれませんので、自己責任で。

    完了すると、勝手に再起動します。
    最初しばらくは倒れたドロイド君の上に赤三角内に「!」が表示されていて動きがないのでびっくりしますが、しばらくすると画面が変わって起動時の画面(Googleカラーのつぶつぶがぐるぐる廻る)に変わります。この状態が長く(5〜10分位?)続いた後、Welcome画面とともに言語選択する画面に遷移します。


    コメントをどうぞ(日本語のみ/Only in Japanese)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)